Webサービス

Evernoteがプレミアム機能「プレゼンテーションモード」を搭載!たまったアイデアをすぐにプレゼンで使える!

更新日:

evernote premium presentation mode eyecatch

こんにちは!モリダイ(@Mori2nd)です。岡スマ拡大版ではライトニングトーク形式のプレゼンをするということで、Evernoteにアイデアをためていって、それをKeynoteでスライドにするということをしました。

アイデアをためる一方でそれをスライドに起こす作業というの結構大変ですよね。

Evernoteはバージョン5.3からプレミム機能として、プレゼンテーションモードが追加され、Evernoteを使ってすぐにプレゼンできるようになりました!

私はEvernoteはドル払いで初期の頃からプレミアムユーザーになるほど使っていますが、さらに便利な機能が追加されるとは驚きです。

詳しくご紹介していきたいと思います!

スポンサードリンク

Evernoteのプレミアム機能に「プレゼンテーションモード」が搭載

いろいろと細かく説明するより、紹介ムービーがありましたので、まずはこちらをみてみてください。どういうことができるかイメージが伝わってきます。

それでは、気になる機能をいくつかピックアップしてご紹介しましょう。

レーザーポインター機能

プレゼンテーションモードを開始すると、いつものマウスカーソルがレーザーポインターに切り替ります。強調したい部分をはっきり示せるのでいいですね。色も変えれます。

添付ファイル

Evernoteに添付したファイルはプレゼンテーションモードでもクリックするだけで、全画面で表示させることができ、ESCキーで元のプレゼンに戻せます。

複数のディスプレイ画面対応

片方をディスプレイモードにしつつ、もう片方はいつものEvernoteを表示することができます。

プレゼン形式でみんなで話し合いをしつつ、意見を聞きながらリアルタイムでノートを編集することもできるわけですね。

ノートリンクを含む目次ノートを作成できる

複数のノートを使用してプレゼンを行うときにも、ノートリンクを含む目次用のノートを作成すれば、自由に移動できます。

【参考】プレゼンテーションモード:あなたのアイデアを伝えるもっと優れた方法 - Evernote日本語版ブログ

おわりに

プレゼンテーションモードの搭載でEvernoteはアイデアをためる場所から、さらにそれを伝えるというというところまで、幅広く使えるようになりますね。

活用方法を考えるのも楽しみの一つです。プレミアム会員の方はぜひダウンロードして試してみてください。

Evernoteの活用方法についてはこちらの関連記事もどうぞ。

スポンサードリンク

ピックアップ記事

1

AUKEYのUSB充電器「72W ACアダプター PA-Y12」を購入してみました。最大60WのUSB Type-C PD(Power Delivery)対応でワット数の異なるパソコンにもパワフル充電。追加のUSB-Aポート2つでスマホやタブレットの充電にも大活躍。使ってみた感想をご紹介します。

2

iPhoneで格安SIMを使って月額料金を節約したい!でも敷居が高くてわからない。そんな風に考えている人はきっと多いはず。ここではiPhoneで格安SIMを利用するまでの手順・乗り換え方法や注意点など、詳しくご紹介しています。

3

快適なパソコン作業環境を求めて21:9ウルトラワイドモニターを購入してみました。それがLGエレクトロ二クスの「29UM69G-B」29インチです。1枚のディスプレイでスクエアタイプのモニター2枚分の広さを実現。ウィンドウを並べての作業が捗りますね!商品の特徴や使ってみた感想をご紹介します。

4

パソコン内のデータ整理とバックアップ目的でポータブルハードディスクを購入してみました。それがウエスタンデジタルの「WD Elements Portable」です。大容量なのに小さくて収納や持ち運びが楽です。商品の特徴や使ってみた口コミもご紹介します。

5

機種変更時に最適なiPhoneのバックアップ方法をご紹介しています。iCloudバックアップではなく、iTunesの暗号化バックアップから復元することでスムーズにデータ移行できます。各アプリのIDやパスワードも引き継ぐにはこの方法がおすすめですよ。詳しい手順も解説していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

-Webサービス

Copyright© ディライトモード , 2019 All Rights Reserved.