iPad iPhoneアクセサリー

iPad用に購入したBluetoothキーボード「iClever IC-BK03」レビュー!3つ折りに畳めてコンパクト、アルミ合金素材がカッコいい!気になるタイピングのしやすさは?

更新日:

どうも!モリダイです。

iPad Air2を購入して以来、いろいろなシーンでのiPad活用を考えております。

キーボード付きのiPadケースを購入してそれを使っていたわけですが、机に置いてじっくりと文字入力や作業を行いたいときには便利でとても捗るものなんですよね。

反対に、手に持って(机に置かないで)読書や動画をみたり、他の人に資料を見せたりするときには、重くてキーボード部分が邪魔になってくるわけです。

この辺りはその人の利用シーンに依存するところで、最近の僕の利用方法としては、後者の方が多くなってきました。それでもじっくり文章を書いたりしたいこともあるので、その時は物理的なキーボードが使いたいのです。

そこで考えたのが、モバイル向けのワイヤレスキーボードも一緒に持ち歩き、本格的に文字入力したいときだけ接続して使うという方法でした。

そのために今回、購入したのがiCleverのBluetoothキーボード「IC-BK03」というものです。

実際にiPadに接続して使ってみましたので、その使い勝手や感想などを交えてご紹介していきます!

スポンサードリンク

3つ折りに畳めてコンパクトになる「iClever IC-BK03」Bluetoothキーボード

あらためて、今回購入したのは折りたたみ式のBluetoothキーボード「iClever IC-BK03」です。

その特徴や仕様、開封した外観を見ていきましょう!

「iClever IC-BK03」Bluetoothキーボードの外観や仕様をご紹介

モリダイ
最初に「主な特徴やスペック」についてです!

主な特徴やスペック

主な特徴はこちらですね。

  • コンパクトサイズのBluetoothキーボード
  • 3つ折りに折り畳める
  • マイクロUSBで充電
  • フル充電の場合、約80時間の連続使用が可能

フル充電まで2時間ほど。連続使用時間は約80時間と長持ちするので、旅行や出張時にも重宝しそうです。

基本の仕様(スペック)もまとめておきますね。

基本の仕様(スペック)
無線インターフェイスBluetooth 3.0
寸法(使用中)251.7 x 89.6 x 6.6mm
動作可能距離10 メートル
変調方式GFSK
連続待受け日数約60日間
充電時間<2時間
連続使用時間80時間
リチウム電池容量210 mAh
リチウム電池寿命約3年間
キー耐久回数約300万回
内部材質ABS
外部材質アルミニウム合金

外観・開封レポート

モリダイ
ここからは外観・開封レポートです。写真を交えてご紹介しますね!

パッケージは白を基調としたもので、サイドがスカイブルーのような綺麗な色遣い。とてもシンプルになっています。

「iClever IC-BK03」Bluetoothキーボードのパッケージ写真です。

「iClever IC-BK03」Bluetoothキーボードのパッケージ

開封するとiCleverの文字が入った布製の袋(巾着袋)が見えます。

「iClever IC-BK03」Bluetoothキーボードを開封したところの写真です。

「iClever IC-BK03」Bluetoothキーボードを開封したところ

中身を取り出して並べてみました。

「iClever IC-BK03」Bluetoothキーボードの製品一式の写真です。巾着に入ったキーボード本体、マイクロUSBケーブル、シリコンパッド、説明書、保証書です。

「iClever IC-BK03」Bluetoothキーボードの製品一式。

こちらがその一覧です。

  • 充電用のマイクロUSBケーブル
  • 布製の巾着袋に入った、キーボード本体
  • 衝撃吸収用のシリコンパッド
  • 説明書
  • 保証書

本体はこの布製の袋(巾着袋)に入っていましたよ。

キーボード本体が入った布製の袋(巾着袋)の写真です。

キーボード本体が入った布製の袋(巾着袋)

取り出したBluetooth接続のワイヤレスキーボードがこちら。3つ折りに畳んだ状態で収納されていました。

Bluetooth接続のワイヤレスキーボード、3つ折りに畳んだ状態で収納されていました。

Bluetooth接続のワイヤレスキーボード、3つ折りに畳んだ状態で収納

観音開きに広げるとこのようにBluetoothキボードとして使えます。

「iClever IC-BK03」Bluetoothキーボードを広げた状態の写真です。

「iClever IC-BK03」Bluetoothキーボードを広げた状態

さっそく僕が持っているiPadとペアリングして使ってみることにしました。「Fn + C」のキーを押すことでペアリングが可能です。

「iClever IC-BK03」BluetoothキーボードをiPadとペアリングしています。

「iClever IC-BK03」BluetoothキーボードをiPadとペアリング

衝撃を吸収してくれるシリコンパッドが付属しているので、気になる人は対策として貼り付けておくのが良いと思います。

キーボードでタイピングする時に安定させることができますよ。

衝撃を吸収してくれるシリコンパッドです。自分で貼り付けします。

衝撃を吸収してくれるシリコンパッド

充電は本体裏面にmicroUSB端子があるので、そこから充電可能です。

「iClever IC-BK03」Bluetoothキーボード本体裏側です。microUSB端子から充電できます。

「iClever IC-BK03」Bluetoothキーボード本体裏側にあるmicroUSB端子から充電

iPad用に購入したBluetoothキーボード「iClever IC-BK03」を使ってみた感想・口コミ

ここからは実際にiPadに接続して「iClever IC-BK03」を使ってみましたので、使い勝手や感想をご紹介していきますね。

モリダイ
僕からの口コミということで参考にしてもらえるとうれしいです。

3つ折りに折り畳めてコンパクトに持ち運びできる

元々コンパクトに持ち運びしたいということで選んだBluetoothキーボード。こちらは3つ折りに折り畳むことができるようになっています。

折り畳んだ状態ではiPhoneなどのスマホと同じくらいのタテ・ヨコのサイズになりますよ。

その分、厚みに関してはiPhoneなどのスマホが2つ3つ分くらいあり、それなりの厚さにはなってしまいますね。

とはいえ、普通サイズのキーボードを持ち運ぶのにくらべたら、とてもコンパクトに携帯しておけます。

付属の巾着に入れておけば、カバンの中でガサついても、傷などがつきにくいですよ。僕は巾着から取り出すのが面倒なので、そのままで利用しています。

折りたたんでおけば、カバンの中にサッと入れておけるので、コンパクトに持ち運べて便利ですね!

アルミ合金素材を採用した質感がカッコいい

持ち運んで利用するので、見た目や質感も気になるところですよね。

iClever IC-BK03はアルミ合金素材を採用していて、カッコいい質感になっています。

折り畳んだり、開いたりする部分のメカニカルな動きもなかなか良い感じです。

それから、タイピング時の音もメカニカルな感じがして、仕事しているような気になりますね(笑)

モリダイ
超合金のロボットが好きな人はこのメカニカルさは好きなポイントかも。

キーが小さめでピッチが狭いので、タイピングは窮屈な感じ

ここまでは良い面をご紹介してきましたが、購入にあたって一番気になるところは、タイピングしやすいかどうかですよね。

モリダイ
モバイル性能を重視しましたが、キーボードなのでタイピングのし易さは一番気になるところです。

それについては手の大きさなど個人差もあると思うので、僕の体型などもお伝えしておきますね。

僕は身長が182cmでやや細身の体型で、それなりの手の大きさがあります。

ここでもう一度、キーボードの写真をみてもらいたいと思います。

「iClever IC-BK03」Bluetoothキーボードを広げた状態の写真です。

「iClever IC-BK03」Bluetoothキーボードを広げた状態

ご覧のようにキーはあまり大きくなくて、キーピッチ(キーボタン同士の間のスペース)はあまりありません。

キーポジションもどちらかというえば、左手側によっています。

そのため、キーを打とうとすると窮屈な感じがします。特に右手の小指や薬指を使う場合には、わりとミスタイプしやすいですね。

カタカナの日本語で「スペース」など伸ばす文字の入力は、キーがさらに小さいため余計にミスしやすくなってしまいます。

ということで僕の手のサイズではタイピングしにくいという感想になってしまいました。

反対に手が小さめで指が細い人であれば問題ないかもしれないです。

このキーボードはカラーバリエーションがあって、ピンク色などもあるので、女性の方には良いかもしれないと思いました。

実物を触る機会があれば、実際に試してみることをおすすめします。

ペアリングは1対1なので、切り替えは手間。主にiPadのみで使用するなら問題なし!

iPadなどタブレットやスマホとの接続にBluetoothを利用していて、ペアリングが必要になってきます。

このペアリングは1対1で設定する仕様になっていますよ。

そのため、スマホとタブレットで使い分けをしたい場合には少し面倒です。

ペアリングしてある場合は、一旦ペアリングを解除して、別の端末でペアリング作業が必要になりますね。

別の端末に切り替える場合の手順

  1. 現在接続している端末で、一旦、ペアリングを解除
  2. 次に使いたい端末でペアリング接続

このような手間が発生するので、頻繁に接続先を切り替えて使いたい場合には向いていません。別のBluetoothキーボードを探した方が良さそうです。

僕はスマホはフリック入力ですることにして、主にiPadのみで利用することにしました。

今回はiPad用に購入したのがiCleverのBluetoothキーボード「IC-BK03」をご紹介してきました。

最後にポイントをまとめておきますね。

ポイント

  1. 3つ折りに畳めてコンパクトに持ち運びできる
  2. アルミ合金素材を採用した質感がカッコいい
  3. キーが小さめでピッチが狭いので、タイピングは窮屈な感じ
  4. ペアリングは1対1なので、切り替えは手間。主にiPadのみで使用するなら問題なし!

僕の手のサイズではタイピングするときに窮屈なので、ブラインドタッチがし辛いのは残念なところ。

ただ、iPadとキーボードを分離して、コンパクトに持ち運べるのはかなりのメリットなんですよね。

しばらくいろいろと試しながら、最適な方法を見つけたいと思います!

スポンサードリンク

ピックアップ記事

1

機種変更時に最適なiPhoneのバックアップ方法をご紹介しています。iCloudバックアップではなく、iTunesの暗号化バックアップから復元することでスムーズにデータ移行できます。各アプリのIDやパスワードも引き継ぐにはこの方法がおすすめですよ。詳しい手順も解説していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

iPhone・iPadのAirDropの使い方を解説 2

iPhone・iPadなどApple製品同士で使えるAirDropはデータの受け渡しにとても便利な機能です。写真・動画・PDFなどのコンテンツを送受信する方法と利用する際の注意点も合わせてご紹介します。

3

AUKEYのUSB充電器「72W ACアダプター PA-Y12」を購入してみました。最大60WのUSB Type-C PD(Power Delivery)対応でワット数の異なるパソコンにもパワフル充電。追加のUSB-Aポート2つでスマホやタブレットの充電にも大活躍。使ってみた感想をご紹介します。

4

パソコン内のデータ整理とバックアップ目的でポータブルハードディスクを購入してみました。それがウエスタンデジタルの「WD Elements Portable」です。大容量なのに小さくて収納や持ち運びが楽です。商品の特徴や使ってみた口コミもご紹介します。

5

快適なパソコン作業環境を求めて21:9ウルトラワイドモニターを購入してみました。それがLGエレクトロ二クスの「29UM69G-B」29インチです。1枚のディスプレイでスクエアタイプのモニター2枚分の広さを実現。ウィンドウを並べての作業が捗りますね!商品の特徴や使ってみた感想をご紹介します。

-iPad, iPhoneアクセサリー

Copyright© ディライトモード , 2019 All Rights Reserved.