おすすめの格安SIM(MVNO)とその特徴を解説!

ここではおすすめの格安SIM(MVNO)についてご紹介したいと思います。

今では格安SIM業者もかなりの数に増えてきて、様々なサービスや料金プランも出てきました。

とはいえ、自分でいろいろと試したい冒険心のある方以外、やはり安心して使えサポートなども信頼できる業者と契約したいですよね。

今回は当サイトで取り上げている中かからおすすめの格安SIMをピックアップして、その特徴をご紹介していきます!

LINEモバイル

Sim mvno linemobile
LINEモバイル
  • LINEのトークや通話をデータ容量を消費ぜずに使える(全プラン)
  • Twitter、Facebook、Instagramをデータ容量を消費しないで使える(コミュニケーションプラン、ミュージックプラン)
  • LINEの年齢認証が可能な唯一の格安SIM。
  • 余ったデータを翌月に繰り越しできる。
  • 月額料金の1%分がLINEポイントで還元される。
  • 利用料金やパケット使用量をLINEアプリで簡単に確認できる。
  • クレジットカード意外にLINEペイで料金の支払いが可能。

IIJmio

Sim mvno iijmio
IIJmio
  • 複数SIM利用が便利。一つの契約内でデータをシェアできる。一人で複数端末を使うときに便利。
  • 余ったデータ通信量は翌月に繰り越しできる。
  • 低速状態でも快適。バースト転送機能が利用できる。
  • 高速。低速の切り替えが簡単に自由にできる。(専用アプリも用意)
  • 申し込み不要でみおふぉんダイアル(通話料金半額)が料金できる。
  • ドコモとau回線が選べる。(au端末はSIMロック解除が必要)
  • 情報提供に積極的。iPhoneのOSアップデート時に動作チェックも随時行ってくれる。

mineo(マイネオ)

Sim mvno mineo
mineo(マイネオ)
  • ドコモとau回線が選べる。(au端末でSIMロック解除不要なものがある。)
  • プランが豊富。自分にあったデータ通信量を選べる。(500MB、1GB、3GB、5GB、10GB、20GB、30GB。)
  • 余った通信量は翌月に繰り越せる。
  • パケットギフトで余った通信量を他の人に贈ることができる。
  • フリータンクはマイネオユーザー全員で余った通信量をシェアできる仕組み。最大1GBまで引き出せる。
  • マイネ王のサポートやコミュニティがある。

UQモバイル

Sim mvno uqmobile
UQモバイル
  • auのサブブランド。
  • お昼の混雑する時間帯なども通信速度が安定していると評判。
  • iPhone購入とのセット契約がある。
  • au系端末でテザリングを使えるものが多い。
  • 低速・高速を手動で切り替えできる。
  • 家族割りがある。
  • 選べる契約プラン(料金体系)が少ない。

新着記事

IIJmio

[格安SIMレビュー] IIJmio(みおふぉん) へソフトバンクから乗り換えて良かったこと、悪かったこと

ソフトバンクからIIJmio(みおふぉん)へ乗り換えてよかったこと・悪かったことをまとめてみました。IIJmio(みおふぉん)のレビュー・体験談になっていますので、検討中の方はぜひ参考にしてみてください。契約内容や利用状況なども詳しくご紹介しています。