iPad iPhoneアクセサリー

マルチペアリング対応!Bluetoothキーボード 「iClever IC-BK06 Lite」レビュー!iPhoneやiPadとの接続が簡単に切替え可能!2つ折りに畳めてモバイル利用に便利!

投稿日:

どうも!モリダイです。

iPad活用を考えていろいろ試行錯誤する中、モバイル向けのワイヤレスキーボードを利用してみることにしました。

過去にはiPad用にキーボードがついた一体型ケース「ロジクールType+」を利用していた時期もあるのですが、キーボードを使わないときは使い勝手が悪かったんですよね。

どんな時に使い勝手が悪いかというと、例えば、手に持って(机に置かないで)読書や動画をみたり、何かを説明しながらiPadの画面を相手の人に見せたりという状況です。

キーボード一体型のケースはパソコンみたいに使うシーンが多いときは大変便利なんですが、それ以外のときは不便に感じたわけです。

そこで行き着いたのが、iPadとは別にモバイル向けのワイヤレスキーボードを持ち歩くようにして、必要な時だけ接続して使うという方法でした。

ということで、今回は二つ折りで持ち運びに便利なiCleverのBluetoothキーボード「IC-BK06 Lite」を購入してみましたので、その使い勝手や感想などをご紹介します!

スポンサードリンク

マルチペアリング対応!2つ折りで持ち運びに便利な「iClever IC-BK06 Lite」Bluetoothキーボード

今回購入したのはマルチペアリング対応のBluetoothキーボード「iClever IC-BK06 Lite」です!

二つ折りに畳めて持ち運べるタイプのコンパクトなキーボードですよ。

「iClever IC-BK06 Lite」Bluetoothキーボードの外観や仕様をご紹介

モリダイ
まずは主な特徴やスペックをみていきましょう!

主な特徴やスペック

主な特徴はこのようになっています。

  • コンパクトサイズのBluetoothキーボード
  • 2つ折りに折り畳めて持ち運びに便利
  • マルチペアリング対応。3台まで簡単に切替えて使える
  • マイクロUSBで充電
  • フル充電の場合、約40時間と長時間使用が可能

マルチペアリング対応なので、状況に合わせて接続を簡単に切り替えできます。モバイルでの使い勝手が考えられていますね。

基本の仕様(スペック)はこちらですよ。

基本の仕様(スペック)
無線インターフェイスBluetooth 3.0
寸法(使用中)313.4 x 92.8 x 7.5mm
受信距離10 メートル
連続使用時間40時間
待機時間30日
充電時間<2時間
リチウム電池容量110 mAh
表面材質ABS
裏面材質PU

外観・開封レポート

モリダイ
ここからは外観・開封レポートですよ。

こちらがパッケージの写真です。iCleverのパッケージは白を基調にシンプルなものですね。

「iClever IC-BK06 Lite」Bluetoothキーボードのパッケージ写真です。

「iClever IC-BK06 Lite」Bluetoothキーボードのパッケージ

開封するとさっそくキーボードがお目見えです。

「iClever IC-BK06 Lite」Bluetoothキーボードを開封したところの写真です。

「iClever IC-BK06 Lite」Bluetoothキーボードを開封したところ

それでは中身を取り出してみましょう。

「iClever IC-BK06 Lite」Bluetoothキーボードの製品一式です。本体、充電用のケーブル、スタンドです。

「iClever IC-BK06 Lite」Bluetoothキーボードの製品一式

こちらが製品一式です。

  • 充電用のマイクロUSBケーブル
  • Bluetoothキーボード本体
  • スマホやタブレット用のスタンド

写真には写っていませんが、他には説明書と保証書が付いていました。

Bluetoothキーボード本体を閉じた状態では、表面がざらざらしていて、すべりにくいようになっています。

「iClever IC-BK06 Lite」Bluetoothキーボード本体を閉じた状態の写真です。

Bluetoothキーボード本体を閉じた状態。

上側の側面写真です。マイクロUSBの充電口が付いていますね。

「iClever IC-BK06 Lite」Bluetoothキーボードの上側側面の写真です。マイクロUSBの充電口が付いています。

上側の側面写真。マイクロUSBの充電口が付いている

下側の側面写真です。開きやすいように凹んでいる部分があります。

「iClever IC-BK06 Lite」Bluetoothキーボードの下側側面の写真です。開きやすいように凹んでいる部分があります。

下側の側面写真。開きやすいように凹んでいる部分がある

それでは、「iClever IC-BK06 Lite」Bluetoothキーボードを拡げてみたいと思います。

「iClever IC-BK06 Lite」Bluetoothキーボードを拡げているところの写真です。

「iClever IC-BK06 Lite」Bluetoothキーボードを開いているところ

「iClever IC-BK06 Lite」BluetoothキーボードとiPadをペアリング接続してみました。

「iClever IC-BK06 Lite」BluetoothキーボードをiPadに接続したところの写真です。

「iClever IC-BK06 Lite」BluetoothキーボードとiPadをペアリング接続

Fn(ファンクション)キーを押しながら、Q・W・Eのそれぞれのボタンを押すと、ペアリングを切り替えることができますよ。

Fn(ファンクション)キーを押しながら、Q・W・Eのそれぞれのボタンを押してペリング接続を切替えできます。

Fn(ファンクション)キーを押しながら、Q・W・Eのそれぞれのボタンを押して接続を切替え

3台までペアリングして接続できるので、便利ですね。僕はiPadとiPhoneにペアリングしてみました。

マルチペアリング対応!Bluetoothキーボード「iClever IC-BK06 Lite」を使ってみた感想・口コミ

ここからは実際にBluetoothキーボード「iClever IC-BK06 Lite」を使ってみた感想・使いごこちをご紹介していきたいと思います。

2つ折りに畳めて持ち運びに便利。使いたいときにすぐ開ける

モバイル用途でBluetoothキーボードを検討して選んだ「iClever IC-BK06 Lite」。こちらは2つ折りに畳めて持ち運べるということで、通常サイズのキーボードと比べてコンパクトになります。

マグネットでくっつくようになっているので、パカパカ開いたりといったこともなく、携帯のしやすさが考えられていますね。

これならカバンの中にサッとしまえて、サッと取り出して使うことができます。

3台までのマルチペアリングに対応!iPadとiPhoneを切り替えて使いたい人などに便利

こちらのキーボードですが、なんと3台までのマルチペアリングに対応しています!

元々iPadで使えたら良いなーと思って購入したわけですが、iPadを持ち歩かないときにもiPhoneは持ち歩いて出かけますよね。

そんなときにもキーボードで文字入力できたら便利ってときがあって、切り替えて使うことができるんです。

その後、またiPadでキーボードを使おうとなったときも簡単に切り替えできるんですよ。

モリダイ
1対1のペアリングにしか対応していない場合は一旦、ペアリングを解除して、使いたい端末でペアリングしてという作業があって手間がかかるんです。そうなると専用でしか使えないみたいな状況になります。

なので、僕みたいにiPadだけでなくたまにはiPhoneに切り替えてキーボードを使いたい人には便利ですよ。

補足

最初にペアリングしておけば、 ファンクションキーとそれぞれの端末に対応したボタンを押すだけで切り替えできます。

キーピッチが広くボタン配置にゆとりがある。そのおかげでタイピングしやすい

このBluetoothキーボード「iClever IC-BK06 Lite」はキーピッチが広くボタン配置にゆとりがある設計になっています。

僕は身長が182cmあって手の大きさもそれなりのサイズなので、あまりボタンが小さかったり、ボタンの隣通しが近い(キーピッチが狭い)とタイピングがしにくいということがあります。

その点、「iClever IC-BK06 Lite」は二つ折りサイズでコンパクトになりながらも、キーボードを広げたときにキー同士がくっつきすぎていることもないです。

「タイピングのしやすさ」と「コンパクトさ」はトレードオフになりがちですが、そんな中でも「iClever IC-BK06 Lite」はタイピングがやり易いなと感じました。

Bluetoothキーボード「iClever IC-BK06 Lite」レビュー|まとめ

今回はiPadを活用しようということで購入したBluetoothキーボード「iClever IC-BK06 Lite」をご紹介してきました。

3台のマルチペアリングに対応しているので、状況に合わせてキーボードを使うことができます。

二つ折りにたためますが、ボタン配置にもゆとりがあってコンパクトな割りにはタイピングはやり易いと感じましたよ。

スポンサードリンク

ピックアップ記事

1

機種変更時に最適なiPhoneのバックアップ方法をご紹介しています。iCloudバックアップではなく、iTunesの暗号化バックアップから復元することでスムーズにデータ移行できます。各アプリのIDやパスワードも引き継ぐにはこの方法がおすすめですよ。詳しい手順も解説していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

iPhone・iPadのAirDropの使い方を解説 2

iPhone・iPadなどApple製品同士で使えるAirDropはデータの受け渡しにとても便利な機能です。写真・動画・PDFなどのコンテンツを送受信する方法と利用する際の注意点も合わせてご紹介します。

3

AUKEYのUSB充電器「72W ACアダプター PA-Y12」を購入してみました。最大60WのUSB Type-C PD(Power Delivery)対応でワット数の異なるパソコンにもパワフル充電。追加のUSB-Aポート2つでスマホやタブレットの充電にも大活躍。使ってみた感想をご紹介します。

4

パソコン内のデータ整理とバックアップ目的でポータブルハードディスクを購入してみました。それがウエスタンデジタルの「WD Elements Portable」です。大容量なのに小さくて収納や持ち運びが楽です。商品の特徴や使ってみた口コミもご紹介します。

5

快適なパソコン作業環境を求めて21:9ウルトラワイドモニターを購入してみました。それがLGエレクトロ二クスの「29UM69G-B」29インチです。1枚のディスプレイでスクエアタイプのモニター2枚分の広さを実現。ウィンドウを並べての作業が捗りますね!商品の特徴や使ってみた感想をご紹介します。

-iPad, iPhoneアクセサリー

Copyright© ディライトモード , 2020 All Rights Reserved.