Webサービス

一つに頼ることのリスク。クラウドストレージサービスを複数利用し続ける理由

投稿日:

Cloud storage service use eyecatch

こんにちは!モリダイ(@Mori2nd)モリダイです。

クラウドストレージサービスを利用されている方は多いと思いますが、僕もその中の一人。なるべく複数のサービスでアカウントを持つようにしています。

有料・無料で各社から様々なサービスが出ていますが、一つに頼りきらないようにしています。

スポンサードリンク

使い勝手が良くてもサーバーダウンや容量を減らされるリスクはある

近ごろはデスクトップ的なPC・Mac以外にもスマホはもちろんタブレットを持つ人が増えてきました。僕自体もWindows7PC・Mac・iPhone・iPadと持っているんですよね。

そうなるとあっちで使っていたデータをこっちで使いたいというのは良くあること。

クラウドストレージサービスにデータを置いておけば、それぞれの端末で簡単にダウンロードしたり、共有したり出来るのがほんと便利なんです。

ただいくら使い勝手が良くても、サーバーがダウンして使いたい時に使えなくなることもあります。

先日はDropboxのサーバーがダウンしていて、使いたいファイルが同期出来ませんでした。

それに今まで無料で使えていたとしても、突然有料になったり、容量が少なくなることだってあります。

Onedriveは15GBから5GBへ。かつてはSugarSyncが無料版を撤廃したこともありましたね。

【関連】米SugarSyncが2014年2月8日をもって無料プランを終了。

いざという時に使えるものを確保するしておきたい

先ほども言いましたが、クラウドストレージを使いたい時に使えなかった、というのが一番痛いのです。

いろいろな端末でファイルをダウンロードしたり、共有したり出来るのが魅力で使っています。

僕が先日経験したようにサーバーがダウンしてしまった場合、ファイルをアップロードして共有することが出来なくなりますし、いざ必要と思ったときに必要なファイルをダウンロード出来なくなるんです。

写真や動画など数が多いものや容量の大きいものを扱うことが増えてきていますし、常にローカルに入れて持ち歩けるものばかりではないんですよね。

もし一つのサービスに頼りきっていたら、必要になったときに何も出来ないといった自体に陥るかもしれません。

有料のサービスだったとしてもサーバーがダウンしたら使えないのは同じです。

いざという時に使えるよう代替手段を用意しておくことは大事なことです。そのために複数サービスでアカウントを持つようにしているのです。

現在使っているクラウドストレージサービス

ということで、僕は今のところ3つのクラウドストレージサービスを契約して、主に使っています。

その中でも用途を分けて、それぞれ運用しているので参考にご紹介しておきたいと思います。

Dropbox

すぐに使いたいファイルや同期しておきたいファイルはDropboxをメインで使っています。

特にiPhoneアプリでは連携出来るアプリが多くあり、そこが一番の魅力ですよね。

無料版では通常2GB(僕はキャンペーンなどでもう少し容量が多い)ですが、直ぐに使いたいファイルだけに限定することで、問題なく運用出来ています。

【参考】Dropbox

copy

主にファイルのバックアップ用途で使っています。普通の運用だとサブにあたる感じですね。

cooyは無料版で15GBからスタートですが、お友達紹介キャンペーンで5GBがプラスで増える仕組みなんかもあります。

これを利用すれば、20GBからスタートすることも出来るんですよ。バックアップ用途なので、容量がある方が嬉しいですからね。

それにcopyもDropboxと同じように扱えるので、使い勝手が良く気に入っています

【関連】Dropboxのようなクラウドストレージサービス「Copy」

僕が使っているPicportという写真共有アプリにも連携先のサービスとして使えるようになっているんです。

【関連】[iPhone]写真や画像のアップロードが捗るアプリ『Picport』簡単な画像編集もできて各種SNSやクラウドサービスへの投稿が快適だ!

Box

こちらも主にバックアップ用途で使っています。いざという時のサブですね。

Boxは無料版で通常10GBからスタート、たまに容量が50GBになるキャンペーンもやってました。

僕もこのキャンペーンを利用して、50GB確保しています。無料でこれだけ使えたらかなりありがたいです。

【関連】オンラインストレージ『BOX』のiOSアプリがリニューアル!無料で50GBにアップグレードしてくれるキャンペーン中※現在はやっていません。

Boxはビジネスユーザー向けの機能が充実してきているようなので、その場合は有料になりますがこちらを目的に使うのにもいいと思います。

メインで使うクラウドストレージサービスは有料・無料などまだまだ検討の余地があると思っています。

ただ、有料にしたとしてもいろいろとリスクがあるわけなので、上手く複数サービスを併用していきたいですよね。

スポンサードリンク

ピックアップ記事

1

機種変更時に最適なiPhoneのバックアップ方法をご紹介しています。iCloudバックアップではなく、iTunesの暗号化バックアップから復元することでスムーズにデータ移行できます。各アプリのIDやパスワードも引き継ぐにはこの方法がおすすめですよ。詳しい手順も解説していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

iPhone・iPadのAirDropの使い方を解説 2

iPhone・iPadなどApple製品同士で使えるAirDropはデータの受け渡しにとても便利な機能です。写真・動画・PDFなどのコンテンツを送受信する方法と利用する際の注意点も合わせてご紹介します。

3

AUKEYのUSB充電器「72W ACアダプター PA-Y12」を購入してみました。最大60WのUSB Type-C PD(Power Delivery)対応でワット数の異なるパソコンにもパワフル充電。追加のUSB-Aポート2つでスマホやタブレットの充電にも大活躍。使ってみた感想をご紹介します。

4

パソコン内のデータ整理とバックアップ目的でポータブルハードディスクを購入してみました。それがウエスタンデジタルの「WD Elements Portable」です。大容量なのに小さくて収納や持ち運びが楽です。商品の特徴や使ってみた口コミもご紹介します。

5

快適なパソコン作業環境を求めて21:9ウルトラワイドモニターを購入してみました。それがLGエレクトロ二クスの「29UM69G-B」29インチです。1枚のディスプレイでスクエアタイプのモニター2枚分の広さを実現。ウィンドウを並べての作業が捗りますね!商品の特徴や使ってみた感想をご紹介します。

-Webサービス

Copyright© ディライトモード , 2019 All Rights Reserved.