Webサービス

FacebookでシェアしたときにURLの取得や画像の表示がうまくいかない場合の対処法

更新日:

Facebook debugger ogp eyecatch

OGPタグを設定しておくとFacebookでブログ記事をシェアした時に、タイトルや画像も一緒に表示される仕組みなんですが、うまく表示されない時もあります。

そういう時はFacebookのDebuggerという開発者向けツールを使うようにしています。ここのところ利用機会が増えてきたのでシェアしたいと思います。

スポンサードリンク

DebuggerでOGPのキャッシュ情報を診断

Debuggerを利用すると、OGPタグの設定内容を診断することができます。個人のアカウントでログインした後にサイトへ。

Debugger | Facebook Developers

OGPの設定がちゃんと反映されていないと思ったら、対象のURLを入れて「Debug」ボタンでチェック。

Facebook debugger ogp 1

▼URL情報が正しく取得できない場合はエラーになります。

Facebook debugger ogp 2

▼取得できたとしても、設定している画像と表示される画像が違うなんてこともありますね。

Facebook debugger ogp 3

こんな感じでOGP情報がうまく読み込まれていないことが多いんですよ。なんだかなー。

問題があればキャッシュをクリアして再取得させる

チェックして問題があることがわかれば、OGPのキャッシュ情報をクリアして再取得させる必要があります。

一度、「Debug」させると「Fetch new scrape Information」というボタンが表示されて使えるようになっているので、このボタンをクリック。

Facebook debugger ogp 4

▼再取得後に正しく表示されていることがわかればOKですね。一回でうまくいかないこともあるので、数回繰り返すこともあります。

Facebook debugger ogp 5

あとがき

ここのところうまく表示されないパターンが増えてきたので、よく利用するようになりました。なるべくこういう状況での利用機会は少ないほうがありがたいですよね。

スポンサードリンク

ピックアップ記事

1

機種変更時に最適なiPhoneのバックアップ方法をご紹介しています。iCloudバックアップではなく、iTunesの暗号化バックアップから復元することでスムーズにデータ移行できます。各アプリのIDやパスワードも引き継ぐにはこの方法がおすすめですよ。詳しい手順も解説していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

iPhone・iPadのAirDropの使い方を解説 2

iPhone・iPadなどApple製品同士で使えるAirDropはデータの受け渡しにとても便利な機能です。写真・動画・PDFなどのコンテンツを送受信する方法と利用する際の注意点も合わせてご紹介します。

3

AUKEYのUSB充電器「72W ACアダプター PA-Y12」を購入してみました。最大60WのUSB Type-C PD(Power Delivery)対応でワット数の異なるパソコンにもパワフル充電。追加のUSB-Aポート2つでスマホやタブレットの充電にも大活躍。使ってみた感想をご紹介します。

4

パソコン内のデータ整理とバックアップ目的でポータブルハードディスクを購入してみました。それがウエスタンデジタルの「WD Elements Portable」です。大容量なのに小さくて収納や持ち運びが楽です。商品の特徴や使ってみた口コミもご紹介します。

5

快適なパソコン作業環境を求めて21:9ウルトラワイドモニターを購入してみました。それがLGエレクトロ二クスの「29UM69G-B」29インチです。1枚のディスプレイでスクエアタイプのモニター2枚分の広さを実現。ウィンドウを並べての作業が捗りますね!商品の特徴や使ってみた感想をご紹介します。

-Webサービス

Copyright© ディライトモード , 2019 All Rights Reserved.