MacのTips・使い方

Anker「PowerExpand+ 7-in-1 USB-C PD イーサネット ハブ」をレビュー!出張・外出先はもちろんテレワークにも必需品になりました!

投稿日:

こんにちは、モリダイです!

僕は仕事もプライベートもノート型のPCを利用しています。なるべく重量が軽く薄型のものを選んだため、USBなど使える接続端子が少ないのがネックなんですよね。

ちなみに利用しているWinodws10のパソコンはUSB-Cポートが2つ、USB-Aポートが1つという構成。

それからMacbookの12インチモデルを利用していますが、こちらはUSB-Cポートが1つだけです。

そのため、USB-C経由で充電ができることが前提で、他の用途にも使えるUSB-Cハブを探すことにしました。

出張や外出先でプロジェクターに移したり、USB接続したりといった用途から、テレワーク時にノートPCをデスクトップのようにも使いたいという希望もありました。

いろいろ接続できて安定して使えるものが良いな~ということで見つけたのが、Ankerの「PowerExpand+ 7-in-1 USB-C PD イーサネット ハブ」です。

こちらを購入してみましたので、使い勝手や感想などをご紹介していきます!

スポンサードリンク

「Anker PowerExpand+ 7-in-1 USB-C PD イーサネット ハブ」HDMI・有線LAN・SDカードにこれ一つで対応!

今回、購入したのはPower Deliveryに対応したUSB-C充電ポート搭載のAnker「7-in-1 USB-C PD イーサネット ハブ」です。

まずは仕様や外観をご紹介していきますね!

Anker「PowerExpand+ 7-in-1 USB-C PD イーサネット ハブ」の特徴や外観をご紹介

主な特徴・機能

モリダイ
主な特徴はこのようになっています。
  • USB-CのPower Delivery対応。最大48Wまでの急速給電
  • 2つのUSB3.0のAポート。最大5Gbpsの高速データ転送
  • 4K 30HzのHDMIの映像出力ポート搭載
  • 最大1Gbpsの有線LANで高速イーサネット接続
  • microSD&SDカードスロットへの接続
  • トラベルポーチ付属、持ち運びに便利

ノートPCの少ない接続端子を補ってくれる機能が一式付いていますよ。

基本の仕様(スペック)を表にまとめてみました。

基本の仕様(スペック)
サイズ約117 x 53 x 16 mm
重さ約114 g
USB-CPowerDelivery対応
最大入力60W・最大出力48W
(12W出力はハブ自体への給電に利用)
USB-A3.0ポート 2つ
映像4K 30Hz HDMI出力

カードスロットmicroSD & SDカード

LAN1000MB(1GB)イーサネット接続

外観・開封レポート

モリダイ
ここからは「Anker PowerExpand+ 7-in-1 USB-C PD イーサネット ハブ」を開封して外観をレポートしていきます。

パッケージはこちら。Ankerのパッケージは統一されていてとてもシンプルです。

開封前のパッケージ写真です。

開封前のパッケージ写真

箱を開けると説明書と本体が出てきました。

開封後。本体と説明書、パッケージ裏面の写真です。

開封後の写真。本体と説明書、パッケージの裏面

持ち運びに便利なトラベルポーチが付いています。

本体とトラベルポーチの写真です。

トラベルポーチ付き

ケーブルの先も収まりがよくきれいに収納できます。他のケーブル類を持ち運ぶときにも傷などを防げて便利ですよ。

本体をトラベルポーチに収納したところの写真です。

本体とトラベルポーチに収納

Ankerの文字がある下側にはUSB-Aポートが2つ接続できるようになっています。

Ankerロゴの下側側面の写真です。USB-Aポートが2つあります。

USB-Aポートを2つ接続可能

上側はHDMI端子、SDカードとmicro SDカードのスロット、USB-CのPowerDelivery対応の入力用端子が付いています。

Ankerロゴの上側側面の写真です。HDMI端子、SDカートとmicro SDカード、USB-CのPD給電口があります。

左からHDMI端子、SDカートとmicro SDカード、USB-CのPD給電口

  • HDMIポートが1つ
  • SDカードとmicro SDカードのスロットが1つずつ
  • USB-CのPowerDelivery対応の入力用端子が1つ

横側には有線LANの差込口がありますね。

Ankerロゴの右横側側面の写真です。有線LANの差込口があります。

有線LANの差込口

Macbook 12インチのUSB-C端子に接続してみたところです。接続端子が少ないノートPCには必要なアイテムですね。

AnkerのハブとMacbookを接続したところの写真です。

AnerのハブとMacbookを接続

「Anker PowerExpand+ 7-in-1 USB-C PD イーサネット ハブ」の使い勝手・感想

モリダイ
それでは「Anker PowerExpand+ 7-in-1 USB-C PD イーサネット ハブ」を実際に使ってみましたので、使い勝手・感想をご紹介します!

7つの機能がこれ1つでまかなえる!接続端子の少ないノートPCには必需品

このAnkerのハブ1つで7つの機能が使えるのは便利ですね。

特にMacbook 12インチはUSB-Cの接続ポートが1つだけですから、充電もしながら複数の用途が賄えるのはありがたいです。

HDMIでの外部モニター接続と有線LANを同時に使いたい!という要望にマッチした

仕事先でプロジェクターに映すこともあれば、会社や自宅でのテレワーク等で外部モニターに接続したりと、活躍していますね。

また、僕の利用シーンではWifiが不安定なところがあり、有線LANだと高速に安定した接続できるので、助かっています。

いろいろな種類のハブが販売されていますが、有線LANも一緒に使えるハブが少ないので、重宝していますよ。

ちなみにHDMIに対応していないモニターを使うことがあるので、そのときは「HDMI to VGAの変換ケーブル」をこのAnkerのハブに付けて使っています。

さらにUSB-Aポートで外付けキーボードとマウス(トラックボール)も同時に使える。デスクトップPC化で作業が捗る

それから、USB-Aポートが2つ付いているので、スマホとデータをやり取りするときやSDD・HDDドライブとの接続にも活躍しています。

iPhoneをMacでバックアップするときはこのAnkerのハブにiPhoneと外付けSSDをつなげて利用しています。

それにじっくり作業したい時はノートPCにこのハブをつなげた後で充電しつつ利用しています。

そこに外部モニターとUSB接続のキーボード・トラックボールを付けた状態でデスクトップPCのように作業していますね。

テレワークなど腰を据えて作業するのにこの環境がとても気に入っていますよ。

端子の配置はもう少し変えてもらいたかった

ノートPCにこのハブをつなげて、デスクトップPCのように使うときはいろいろなケーブルが挿さった状態になります。

僕はSD & micoro SDカードスロットはそんなに利用頻度が高くないですが、充電用のUSB-CポートとHDMI端子はよく使います。

なのでその間にSDカードスロットがあると出し入れがちょっとやりにくい気がします。

有線LANもつなぐと各方面にケーブルがある状態で、本体サイズはそこまでの大きさではなくても、何気に場所を占領してしまいますね。

USB-Cの充電ポートとHDMI端子、有線LANを使うときはそんなに抜き差ししないですし、まとめて使うことが多いので、この3つが同じ面にあるとスッキリ使えて良かったのになーと感じました。

端子の配置はもう少し変えてもらいたかったですね。

トラベルポーチが地味に便利!持ち運ぶ時のキズやホコリ対策に良い

先ほど開封写真のところでもご紹介しましたが、この「Anker PowerExpand+ 7-in-1 USB-C PD イーサネット ハブ」にはトラベルポーチが付属しています。

最初はそんなに使うかな?と思っていたのですが、それは間違いでした。

専用のポーチだけあり、きっちり収納できるように考えられていますね。

PCと接続するためのUSB-Cケーブル部分もきれいに収まりますよ。

ケーブル部分は持ち運ぶときに絡まったり擦れたりと、損傷しやすそうです。また、各端子の部分も気になるところです。

出張のときなどは複数のケーブルや充電機器類と一緒に持ち運びますから、そのままだと壊れないかと心配になりますね。

そんな時は付属のトラベルポーチにハブ入れておけば、そのまま持ち歩くのに比べてキズなどの損傷が防げます。

使わないときにもトラベルポーチに入れておけば、ホコリ対策にもなりますよ。

トラベルポーチが地味に便利なので、付いていて良かったです。

Anker「PowerExpand+ 7-in-1 USB-C PD イーサネット ハブ」のレビュー|まとめ

今回はAnkerの「PowerExpand+ 7-in-1 USB-C PD イーサネット ハブ」をご紹介してきました。

最後にもう一度、特徴をまとめておくと、このようになっています。

  • USB-CのPower Delivery対応。最大48Wまでの急速給電
  • 2つのUSB3.0のAポート。最大5Gbpsの高速データ転送
  • 4K 30HzのHDMIの映像出力ポート搭載
  • 最大1Gbpsの有線LANで高速イーサネット接続
  • microSD&SDカードスロットへの接続
  • トラベルポーチ付属、持ち運びに便利

外出先ではトラベルポーチに入れて気軽に持ち運べて使えるのが便利です。

自宅ではノートPCをデスクトップPCのように有線LANと外部モニター、外付けのUSB無線キーボードとトラックボールを接続して利用しています。テレワーク時にも重宝していますよ。

関連記事です。

仕事での外出や出張時にはAnkerのハブと一緒にAukeyの充電器を持ち歩いています。コンパクトながらUSB-CとUSB-Aのポートが1ずつ付いています。

外部モニターを使うなら画面の広いものが良いですね。HDMI入力が可能な29インチのウルトラワイドモニターを利用していますが、とても作業が捗ります。

以前はVGAとHDMIの両方のポートが付いたUSB-Cハブを利用していましたが、今回のAnkerハブの方が安定感がありますね。

スポンサードリンク

ピックアップ記事

1

機種変更時に最適なiPhoneのバックアップ方法をご紹介しています。iCloudバックアップではなく、iTunesの暗号化バックアップから復元することでスムーズにデータ移行できます。各アプリのIDやパスワードも引き継ぐにはこの方法がおすすめですよ。詳しい手順も解説していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

iPhone・iPadのAirDropの使い方を解説 2

iPhone・iPadなどApple製品同士で使えるAirDropはデータの受け渡しにとても便利な機能です。写真・動画・PDFなどのコンテンツを送受信する方法と利用する際の注意点も合わせてご紹介します。

3

Anker「PowerExpand+ 7-in-1 USB-C PD イーサネット ハブ」を購入。安定感のある高速な有線LAN接続と4K対応のHDMI映像出力にUSB-Aポートなど7つの機能がこの1つのハブで利用できます。出張など仕事での外出時やテレワークにも便利。使い勝手や感想をご紹介します。

4

AUKEYのUSB充電器「72W ACアダプター PA-Y12」を購入してみました。最大60WのUSB Type-C PD(Power Delivery)対応でワット数の異なるパソコンにもパワフル充電。追加のUSB-Aポート2つでスマホやタブレットの充電にも大活躍。使ってみた感想をご紹介します。

5

快適なパソコン作業環境を求めて21:9ウルトラワイドモニターを購入してみました。それがLGエレクトロ二クスの「29UM69G-B」29インチです。1枚のディスプレイでスクエアタイプのモニター2枚分の広さを実現。ウィンドウを並べての作業が捗りますね!商品の特徴や使ってみた感想をご紹介します。

-MacのTips・使い方

Copyright© ディライトモード , 2021 All Rights Reserved.