iPad

ロジクール iPad Air 2 キーボード一体型ケース「TYPE+」購入!どこでも快適タイピングを実現!

更新日:

Logicool type plus ipad air 2 keyboard case 1

僕がiPad Air 2を購入した理由の一つにいつでもどこでも持ち運んでタイピング・文章入力したいというのがありました。

そうなるとソフトウェアキーボードより、物理キーボードのほうが断然入力しやすい。別でBluetooth接続のキーボードを持ち歩くことを考えていましたが、ノートPCやMacbookのように一体型になるほうがすぐに使えていいですよね。

そんな願望を叶えてくれたのが、ロジクールの「TYPE+」というキーボード一体型保護ケースだんったんですよ。しばらく使用して満足度がかなり高いのでシェアします!

スポンサードリンク

ロジクール「TYPE+」 for iPad Air 2の外観

まずは「TYPE+」の外観とiPad Air 2をセットしたあとのイメージ。

▼パッケージを開けるとこんな感じ。
Logicool type plus ipad air 2 keyboard case 2

カラーバリエーションは「赤」と「黒」。そしてApple Store限定の「青」なんてものがあります。僕は仕事でもプライベートでも持ち運んで違和感がない「黒」にしました。

▼取り出して広げたところです。
Logicool type plus ipad air 2 keyboard case 3

▼そして、iPad Air 2を装着。広げた状態で置いてみました。
Logicool type plus ipad air 2 keyboard case 4

▼次はタイピングポジション。
Logicool type plus ipad air 2 keyboard case 5

iPad Air 2と「TYPE+」のキーボード設置部分は磁気で固定されています。思った以上にしっかり固定されているので、タイピング中はグラついたりがありません。

▼リーディングポジションでフラットな感じにできます。
Logicool type plus ipad air 2 keyboard case 6

▼キーボードの充電はマイクロUSBでおこないます。(ケーブル付属)
Logicool type plus ipad air 2 keyboard case 7

▼カメラ部分もちゃんと穴あき加工がされています。写真撮影も問題ないですよ。
Logicool type plus ipad air 2 keyboard case 8

一通りの外観などを見てもらったところで、僕が「TYPE+」を気に入っている点をまとめておきます!

カバーを開いてすぐにタイピングが始めれる!

「TYPE+」にしたことで、カバーを開いてすぐにiPad Air 2でタイピングを始めれるようになりました。キーボードとiPad Air 2がBluetooth接続されるまでの時間も早いです。

それから、iPad Air 2が元々薄いということもあり、「TYPE+」にセットした状態でもそれほど厚みはありません。カバンからサッと取り出すこともできますし、そのまま持ち歩いてもノートや資料、雑誌なんかをまとめて持っているような手軽な感覚でいけてます。(あくまで僕の感覚です。)

おかげで気軽に持ち運べるので、どこでも快適タイピングを実現できるようになりました!

iOSショートカットキーが何気に便利!

キーボードの最上部にiOSのショートカットキーが割り当てられています

ホームボタン、ロックボタン、アプリ切り替えボタン、スクリーンショットボタン、Spotlight検索ボタン、音量ボタンなどいくつかの機能が割り当てられているんですね。

ホームやロック、アプリ切り替えは頻繁に行うんですが、キーボードに割り当てられているというだけで操作が断然楽なんですよ。

iPad上からこれらをやろうとすると、ホームボタンを2回押ししたりとか、複数ボタンを同時押ししたりだとかが必要なんです。キーボードのショートカットの場合は、それぞれのキーを1回押すだけでできちゃうんですね!

キーボードの電池がわりと長持ち!

キーボードの電池ですが、「3ヶ月」持つ仕様になっています。(1日2時間使用した場合の平均)

僕が主に使うのは平日の昼休みや自宅、休みの外出先なんかが多いですね。

こんな感じの使い方なんで、あまり充電する必要も無く使えてるわけです。この充電に気を使わなくていいというのもストレス無くてありがたいんですよ!

それに充電はマイクロUSBでAndroid端末でよくある汎用的なケーブル。一つ持ち歩いておけば、いろいろ使えて事足りるのでいい感じです。

あとがき

iPad Air 2とロジクールのキーボード一体型カバー「TYPE+」の組み合わせのおかげで、いつでもどこでもネットに接続しながら快適タイピングを実現することができました!

MVNOのSIMカードを導入し、毎月の運用もかなりやりやすくなったことも後押ししてくれています!

このキーボードカバーが無かったらこうはいかなかったでしょうね。

スポンサードリンク

ピックアップ記事

1

機種変更時に最適なiPhoneのバックアップ方法をご紹介しています。iCloudバックアップではなく、iTunesの暗号化バックアップから復元することでスムーズにデータ移行できます。各アプリのIDやパスワードも引き継ぐにはこの方法がおすすめですよ。詳しい手順も解説していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

iPhone・iPadのAirDropの使い方を解説 2

iPhone・iPadなどApple製品同士で使えるAirDropはデータの受け渡しにとても便利な機能です。写真・動画・PDFなどのコンテンツを送受信する方法と利用する際の注意点も合わせてご紹介します。

3

AUKEYのUSB充電器「72W ACアダプター PA-Y12」を購入してみました。最大60WのUSB Type-C PD(Power Delivery)対応でワット数の異なるパソコンにもパワフル充電。追加のUSB-Aポート2つでスマホやタブレットの充電にも大活躍。使ってみた感想をご紹介します。

4

パソコン内のデータ整理とバックアップ目的でポータブルハードディスクを購入してみました。それがウエスタンデジタルの「WD Elements Portable」です。大容量なのに小さくて収納や持ち運びが楽です。商品の特徴や使ってみた口コミもご紹介します。

5

快適なパソコン作業環境を求めて21:9ウルトラワイドモニターを購入してみました。それがLGエレクトロ二クスの「29UM69G-B」29インチです。1枚のディスプレイでスクエアタイプのモニター2枚分の広さを実現。ウィンドウを並べての作業が捗りますね!商品の特徴や使ってみた感想をご紹介します。

-iPad
-,

Copyright© ディライトモード , 2019 All Rights Reserved.