Macの定番パスワード管理アプリ『1Password 4 for Mac』がリリースされたからバージョンアップしてみた!

Macの定番パスワード管理アプリといえば、『1Password』が有名です。僕もiPhoneとMacを持つようになってからは『1Password』を利用するようになりました。

それぞれのデータを同期して使えますし、Mac版は各ブラウザ用にエクステンション(追加機能)が用意してあって、WEBサービスへのログインが簡単にできます。

それから強力なパスワード生成機能も付いているので、パスワード管理はこのアプリにお任せしております。

このたび『1Password 4 for Mac』がリリースされたということで、『1Password 3』からバージョンアップしてみました。

スポンサードリンク

『1Password 4 for Mac』へバージョンアップ

▼こちらはサンプル画面なので、英語ですが日本語にも対応しています。UIデザインがiPhone版の『1Password 4』と同じようにバージョンしていますね。

▼4にバージョンアップしてから、Macのメニューバーからも使える「1Password mini」という機能がつきました。

▼もちろん各ブラウザ用のエクステンション(追加機能)にも対応しています。

対象のブラウザで下記URLへアクセスすれば、そのままインストールすることができますよ。
https://agilebits.com/browsers/index.html

▼データの同期ですが、iCloud、Dropbox、ローカルのWifi経由に対応しています。お好みでどうぞ。

最近はWindows版の『1Password』もあるので、いろいろなハードウェアを持っていてもパスワード管理がしやすくなりました。助かります。

ちなみに『1Password 4 for Mac』の対応OSはMac OS X 10.8 Mountain Lion以降となっているようなので、それより前のOSを利用している場合はご注意ください。

 

公式サイトは英語ですが、こちらも参照してみてください。
1Password for Mac 公式サイト

スポンサードリンク