MacのTips・使い方

Macで前方の文字をDelete(削除)する方法と文字入力時に良く使っているショートカットキー

投稿日:

WindowsからMacへ移行した@Mori2ndです。

Macを使いはじめて最初に戸惑ったのがキー操作の違い。特にDeleteキーに関してはWindowsのBackspaceと同じ動きをします。

こういうものだと思ってずっと後方の文字を削除する方法でDeleteキーを使ってきましたが、前方の文字をDelete(削除)する方法があったんですね。

意外と知られていないかもしれないですし、同じくWindowsから移行してきた方も最初に戸惑うところだと思うので、ここでご紹介させてもらいます。

スポンサードリンク

前方の文字をDelete(削除)する

前方の文字を削除するにはファンクションキーを押しながら、Deleteキーを押すだけです。

fn(function) + delete

写真は日本語のJIS配列キーボードになっています。US配列の場合はキーの位置が違うかもしれないので、自分のMacのキーボード配列を確認してみてください。

deleteキーとの組み合わせでは、一行分まとめて後方の文字を削除する方法もありました。

command + delete

これで文字入力がはかどりそうです。

文字入力時に良く使っているショートカットキー

他にも私が文字入力時によく使っているショートカットキーをご紹介しておきます。

  • 「command + a」・・・入力範囲のすべての文字を選択
  • 「command + c」・・・選択した文字をコピー
  • 「command + x」・・・選択した文字を切り取り
  • 「command + v」・・・コピーまたは切り取った文字を張り付け
  • 「command + z」・・・取り消し

わざわざマウス操作をしなくて済むのでいいですよ。

以上、いかがでしたでしょうか。

Macで前方の文字をDelete(削除)する方法がようやくわかってうれしい気分ですね。

先ほどの今も良く使っているショートカットキーも合わせて使うとますます文字入力がはかどりそうです!

[via OSXDaily]

スポンサードリンク

ピックアップ記事

1

機種変更時に最適なiPhoneのバックアップ方法をご紹介しています。iCloudバックアップではなく、iTunesの暗号化バックアップから復元することでスムーズにデータ移行できます。各アプリのIDやパスワードも引き継ぐにはこの方法がおすすめですよ。詳しい手順も解説していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

iPhone・iPadのAirDropの使い方を解説 2

iPhone・iPadなどApple製品同士で使えるAirDropはデータの受け渡しにとても便利な機能です。写真・動画・PDFなどのコンテンツを送受信する方法と利用する際の注意点も合わせてご紹介します。

3

AUKEYのUSB充電器「72W ACアダプター PA-Y12」を購入してみました。最大60WのUSB Type-C PD(Power Delivery)対応でワット数の異なるパソコンにもパワフル充電。追加のUSB-Aポート2つでスマホやタブレットの充電にも大活躍。使ってみた感想をご紹介します。

4

パソコン内のデータ整理とバックアップ目的でポータブルハードディスクを購入してみました。それがウエスタンデジタルの「WD Elements Portable」です。大容量なのに小さくて収納や持ち運びが楽です。商品の特徴や使ってみた口コミもご紹介します。

5

快適なパソコン作業環境を求めて21:9ウルトラワイドモニターを購入してみました。それがLGエレクトロ二クスの「29UM69G-B」29インチです。1枚のディスプレイでスクエアタイプのモニター2枚分の広さを実現。ウィンドウを並べての作業が捗りますね!商品の特徴や使ってみた感想をご紹介します。

-MacのTips・使い方
-

Copyright© ディライトモード , 2019 All Rights Reserved.