MacのTips・使い方

【Mac】Boot Campで立ち上げ時や起動後にOSを切替える方法【備忘録】

投稿日:

MacではBootcampという機能があって、MacのOSだけでなくWindowsをインストールして使うことができます。

仕事で使っているMacBookではこの機能を使って起動OSを分けているんですが、久しぶりに持ち運んで使おうと思ったらOSの切り替え方法を忘れていたところがありました。

今後は忘れないように備忘録として残しておきたいと思います。

スポンサードリンク

Bootcampで立ち上げ時や起動後にOSを切替える方法

僕がOSを切替えるシーンは以下。

  • マシンの立ち上げ時に起動OSを切替える
  • Windowsの起動時にMacOSへ切替える
  • MacOSの起動時にWindowsへ切替える

それぞれ記載しておきます。

マシンの立ち上げ時に起動OSを切替える

まずはマシンを立ち上げる時に起動OSを切替える方法です。そんな時は「Option」キーを押しつつマシンを起動させる。

するとOSの選択画面が表示されるので、起動したいOSを選択すればOK。この方法はリカバリーディスクを選択するときにも使えますね。

Windowsの起動時にMacOSへ切替える

次はWindowsの起動時にMacOSへ切り替え。WindowsのOSは「Windows7」を利用しています。こちらはBootcampのドライバーソフトウェアを入れてある前提です。

コントロールパネルから切り替え

スタートメニューから「コントロールパネル > システムとセキュリティ」へと進み「Boot Camp コントロールパネル」を選択。

ここでMacOSを選択して、再起動できます。

タスクバーから切り替え

Boot Camp アイコンを右クリックすると、メニューが表示されるので、「OS Xで再起動」を選択。こちらの方が手順が少くなくて便利。

MacOSの起動時にWindowsへ切替える

メニューから「システム環境設定 > 起動ディスク」へと進む。

ここでWindowsOSを選択して、再起動ボタンを押していくとWindowsで再起動できます。

以上、Bootcampで立ち上げ時や起動後にOSを切替える方法でした。Boot Campを使うと1台のマシンでMac・Windowsの両方が使えるので便利ですね。それぞれの切り替え方法を覚えておきたいと思います。

スポンサードリンク

ピックアップ記事

1

iPhoneで格安SIMを使って月額料金を節約したい!でも敷居が高くてわからない。そんな風に考えている人はきっと多いはず。ここではiPhoneで格安SIMを利用するまでの手順・乗り換え方法や注意点など、詳しくご紹介しています。

2

機種変更時に最適なiPhoneのバックアップ方法をご紹介しています。iCloudバックアップではなく、iTunesの暗号化バックアップから復元することでスムーズにデータ移行できます。各アプリのIDやパスワードも引き継ぐにはこの方法がおすすめですよ。詳しい手順も解説していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

3

AUKEYのUSB充電器「72W ACアダプター PA-Y12」を購入してみました。最大60WのUSB Type-C PD(Power Delivery)対応でワット数の異なるパソコンにもパワフル充電。追加のUSB-Aポート2つでスマホやタブレットの充電にも大活躍。使ってみた感想をご紹介します。

4

パソコン内のデータ整理とバックアップ目的でポータブルハードディスクを購入してみました。それがウエスタンデジタルの「WD Elements Portable」です。大容量なのに小さくて収納や持ち運びが楽です。商品の特徴や使ってみた口コミもご紹介します。

5

快適なパソコン作業環境を求めて21:9ウルトラワイドモニターを購入してみました。それがLGエレクトロ二クスの「29UM69G-B」29インチです。1枚のディスプレイでスクエアタイプのモニター2枚分の広さを実現。ウィンドウを並べての作業が捗りますね!商品の特徴や使ってみた感想をご紹介します。

-MacのTips・使い方
-

Copyright© ディライトモード , 2019 All Rights Reserved.