MacのTips・使い方

【Mac】外付けHDDのパーティションを分割。Time Machine用とデータ用で領域を分けてみた!

更新日:

Windowマシン用で使っていた外付けHDDですが、Mac用にフォーマットして使うことにしてみました。

今回はバックアップのTime Machine用とデータ用にパーティションを分割して使うことにします。

パーティションが1つだとそれぞれ別のHDDを用意しないといけないので、今ある資産を有効活用するためにこの方法を採用しました。それではご紹介します!

スポンサードリンク

外付けHDDのパーティションを分割

ハードディスクの設定を変更するにはディスクユーディリティを使います。アプリはLanchpadの「その他」の中から見つけることができますよ。ちなみに現在、僕が使っているOSはMoutain Lionです。

まずは外付けHDDをつないでから先ほど紹介したディスクユーティリティを起動。一覧から外付けHDDを選択して、パーティションタブから、任意のパーティション数になるようレイアウトを変更します。

今回はパーティションを2つに分けるので、「2 パーティション」を選んでいます。

次に分けたパーティションごとに名前、フォーマット、サイズの情報を入力して適用します。サイズはパーティションごとの区切り部分を移動させることで変更することもできます。

全部で250GBあるHDDの内、Time Machine用に170GB、残りのはちょっとしたデータの保存用としました。

指定した設定でよければ、パーティションボタンをクリック。

フォーマットが開始されるので、後は終わるまで待つだけです。

以上、いかがでしたでしょうか。パーティションの分割もわりと簡単にできてしまいました。

今度はTime Machine用に作った領域でバックアップ設定をしてみるつもりです。一通りバックアップが終わったら、いよいよMavericksに移行していきたいですね!

ではでは、@Mori2ndでした。

(via Inforati)

スポンサードリンク

ピックアップ記事

1

iPhoneで格安SIMを使って月額料金を節約したい!でも敷居が高くてわからない。そんな風に考えている人はきっと多いはず。ここではiPhoneで格安SIMを利用するまでの手順・乗り換え方法や注意点など、詳しくご紹介しています。

2

機種変更時に最適なiPhoneのバックアップ方法をご紹介しています。iCloudバックアップではなく、iTunesの暗号化バックアップから復元することでスムーズにデータ移行できます。各アプリのIDやパスワードも引き継ぐにはこの方法がおすすめですよ。詳しい手順も解説していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

3

AUKEYのUSB充電器「72W ACアダプター PA-Y12」を購入してみました。最大60WのUSB Type-C PD(Power Delivery)対応でワット数の異なるパソコンにもパワフル充電。追加のUSB-Aポート2つでスマホやタブレットの充電にも大活躍。使ってみた感想をご紹介します。

4

パソコン内のデータ整理とバックアップ目的でポータブルハードディスクを購入してみました。それがウエスタンデジタルの「WD Elements Portable」です。大容量なのに小さくて収納や持ち運びが楽です。商品の特徴や使ってみた口コミもご紹介します。

5

快適なパソコン作業環境を求めて21:9ウルトラワイドモニターを購入してみました。それがLGエレクトロ二クスの「29UM69G-B」29インチです。1枚のディスプレイでスクエアタイプのモニター2枚分の広さを実現。ウィンドウを並べての作業が捗りますね!商品の特徴や使ってみた感想をご紹介します。

-MacのTips・使い方

Copyright© ディライトモード , 2019 All Rights Reserved.