iPhone

BufferのiPhoneアプリがバージョンアップしてデザイン一新。投稿や解析画面が見やすくなっていて驚いた

投稿日:

@Mori2ndです。TwitterやFacebookなどに予約投稿できるサービスのBuffer。iPhoneアプリのほうが少し前にバージョンアップして新しくなっていました。

今回、新しくなってからはじめて使ってみましたが、アイコンだけじゃなくてUIも変わって、結構見やすくなってたんですね。投稿後の反響がわかる解析画面もいい感じです。驚きました!

スポンサードリンク

投稿や解析画面が見やすくなっていて驚いた

アイコンが黒ベースから白ベースに変わって、UI(ユーザーインターフェース)のほうも白ベースになってました。

こちらがTwitterへの投稿画面。

そして、投稿後の反響がわかる解析画面。リツイート数やファボ数などが一目でわかっていいですね。

アカウントを切り替えるにはリストボタンをタップするか、左へスワイプしてでてくるリストから可能になってました。

以前はリストがなく、スワイプでの切り替えだった気がします。アカウントの数が多い場合はこちらのほうがスムーズに切り替えできそうです。

FacebookのほうはOGPに対応したWEBページやブログだとイメージが表示されるようになったみたいなので、投稿後のイメージがわかりやすいですね。

そして、こちらの解析画面もいいね数などがわかりやすくなってます。

設定画面では投稿スケジュールの設定項目ができてました。

今のところは未対応のようですが、今後はアプリ内で変更できそうです。この機能に対応すれば、iPhoneアプリだけで調整できるので、早く対応して欲しいですね。

 

RSSリーダーアプリのSylfeedをメインで使うようになってから、Bufferへの投稿もSylfeedでおこなっていました。

なので、Bufferの純正アプリのほうはしばらく使ってませんでしたが、こんなに見やすくなっているならもっと早く使ってみればよかったと今更ながらに思います。

解析画面もわかりやすくなっているので、iPhoneでもっとBufferを活用していくしかないですね!

 

使ってみたい方は下のリンクから新規登録もできますよ。

⇒クリックして新規登録ページへ

Bufferについて以前こんな記事も書きました。よろしければどうぞ。

[iPhone]Buffer使いなら迷わずSafariにブックマークレットを登録しよう! | Mori2nd Lab

スポンサードリンク

ピックアップ記事

1

AUKEYのUSB充電器「72W ACアダプター PA-Y12」を購入してみました。最大60WのUSB Type-C PD(Power Delivery)対応でワット数の異なるパソコンにもパワフル充電。追加のUSB-Aポート2つでスマホやタブレットの充電にも大活躍。使ってみた感想をご紹介します。

2

iPhoneで格安SIMを使って月額料金を節約したい!でも敷居が高くてわからない。そんな風に考えている人はきっと多いはず。ここではiPhoneで格安SIMを利用するまでの手順・乗り換え方法や注意点など、詳しくご紹介しています。

3

快適なパソコン作業環境を求めて21:9ウルトラワイドモニターを購入してみました。それがLGエレクトロ二クスの「29UM69G-B」29インチです。1枚のディスプレイでスクエアタイプのモニター2枚分の広さを実現。ウィンドウを並べての作業が捗りますね!商品の特徴や使ってみた感想をご紹介します。

4

パソコン内のデータ整理とバックアップ目的でポータブルハードディスクを購入してみました。それがウエスタンデジタルの「WD Elements Portable」です。大容量なのに小さくて収納や持ち運びが楽です。商品の特徴や使ってみた口コミもご紹介します。

5

機種変更時に最適なiPhoneのバックアップ方法をご紹介しています。iCloudバックアップではなく、iTunesの暗号化バックアップから復元することでスムーズにデータ移行できます。各アプリのIDやパスワードも引き継ぐにはこの方法がおすすめですよ。詳しい手順も解説していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

-iPhone
-, ,

Copyright© ディライトモード , 2019 All Rights Reserved.