「第10回 中国地方DB勉強会 in 岡山」に参加!技術的な実践例を聞いたり、グループワークで体験学習をしてきた

okayama-chugokudb-10-eyecatch.jpg

Okayama chugokudb 10 eyecatch

ここのところデベロッパー向けの勉強会でいろいろと学び、交流するのが楽しくなってきた。自分がメインで扱っている内容とは違うものだが、考え方や技術は参考になるしとても刺激がある。

今回はAWS(アマゾンウェブサービス)やDB(データベース)とそれにまつわる技術の勉強会に参加してきたのでシェアしたいと思う。僕がこの分野に明るくないので、技術的な細かい話はなるべく抜きにして、自分なりに感じたことをお伝えしたい。

スポンサードリンク

「第10回 中国地方DB勉強会 in 岡山」の概要

中国地方DB勉強会は今回で10回目。いろいろな勉強会による合同勉強会という形式だ。2015年は各地域で行われていたが、岡山で行われる会があるということで参加させてもらった。

会の内容やタイムテーブルはこちらのリンクを参考にしてみてほしい。他にも関連情報はあるので最後にまとめておこうと思う。そちらも参考に。

前半はAWSとDB(データベース)にまつわる話。AWSはアマゾンが行っているクラウドサービスのことで、用途に合わせて様々な環境を用意することができる。多くのクラウドサービスを行う企業を支えている基盤サービスだ。

クラウド コンピューティング なら アマゾン ウェブ サービス | 仮想サーバー、ストレージ、データベースのための Amazon が提供するクラウドサービス (AWS 日本語)

今回は登壇者の方が現場で取り入れている実例を通して、その中で行っている施策や対策などについていろいろと解説してくれた。

後半はDDD(ドメイン駆動設計)というソフトウェアの設計手法についての話とハンズオン。グループワークという形で話し合いをしながら設計を行い、みんなで勉強していく体験型の学習スタイルだった。

ドメイン駆動設計(英: Domain-driven design, DDD) - Wikipedia

勉強会で様々な実践例を学ぶ

ChatWorks社の中の方も来られて、クラウド型ビジネスコミュニケーションツール「チャットワーク」に関する話も聞くことができたのは良かった。

チャットワーク(ChatWork) | ビジネスが加速するクラウド会議室

LINEのビジネス版だとわかりやすく説明してくれたが、それくらい浸透してきているビジネスツールなので、どのような仕組みで対応しているのかは興味があるところ。サービスとしてAWS上で動いているということもあり、その流れで詳しい話をしてくれた。

こういう裏側の話が直接聞ける機会は滅多に無いことなので、このような勉強会に参加することの意義は大きい。

それに、参加者の年代も学生さんからその分野でバリバリ活躍されている30・40代と幅広いのも良いところだ。様々な背景の人たちがフラットな関係で会話し情報交換できるというのも貴重な機会といえる。

後半ではソフトウェアの設計手法をもとにグループワークが行われたが、 自分が仕事で使っている知識や考えをもとに皆と議論して作り上げていく工程が面白かった。

グループごとでも特色があり、いろいろな発見や気付きを得て、充実した一日を過ごすことができた。

終わりに

いろいろと興味深い技術や実践例を聞くことができて面白かった。懇親会では様々な方と交流することもできた。

今後は僕が仕事で関わっている分野でも、クラウドというキーワードのもと、AWSやその周辺技術を使う機会が増えてくるだろうと考えている。

特定の分野に固執することなく、新しい技術を学ぶ姿勢は大事だ。今後もいろいろな知識を学んでいきたいと思う。

それから、場所が大学内で行われていたということもあって、学食に行って和気あいあいと昼食を食べるというのも楽しい。学生時代を思い出しつつ講義を聞いているような懐かしさを味わうことができたのも面白かった。

今回は合同勉強会という形だが、それぞれの会が定期的に行われているようだ。少しでも興味のあるものがあれば、ぜひ積極的に参加してみてほしい。

知識や技術が増えるだけでなく、同じことをやっている仲間も見つかり、取り組み方も変わってくるはずだ。

「第10回 中国地方DB勉強会 in 岡山」の関連情報

途中で記載したのも含めての関連情報一覧。参考にどうぞ。

▼勉強会の開催概要や参加者の感想など。

▼サービスや設計手法の情報など。

スポンサードリンク