MacからLINEを使えるように設定。使い慣れたキーボードでの文字入力は快適だ!

@Mori2ndです。最近グループ間でのメッセージやちょっとした連絡はLINEを使うことが増えてきました。

iPhoneやAndroidなどのOSや携帯キャリアに依存しないので、いろいろな人とやり取りするときにはとても便利です。

僕は家にいるときはMacで作業していることも多いですし、iPhoneでたくさん文字を入力するのは苦手なので、Mac版のLINEを導入してみることにしました!

スポンサードリンク

パソコン・Mac版のLINEを使えるように設定

今回はiPhoneやAndroidなどのスマートフォンですでにLINEを使っているという前提で話を進めたいと思います。

パソコン・Mac版のLINEを使うには、スマートフォン版のLINEで「メールアドレスの登録」が必要です。

はじめに設定からアカウントを選択します。

メールアドレスとパスワードを入力してメール認証ボタンを押します。(「他端末ログイン許可」はしておいたほうがよさそうです。)

入力したメールアドレス宛に認証番号が届くので、その番号を入力してメール認証をもう一度押せば、登録完了です。

LINEアプリをダウンロードして使ってみた

アプリはLINEの公式ページからダウンロードできますし、Mac版はMac App Storeからもダウンロードできます。

Macの場合はApp Storeからのほうが簡単でいいですね。

LINE
価格: 無料(記事公開時)
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング, ライフスタイル

起動したら、さきほど登録したメールアドレスとパスワードを入力してログインできます。

見た目はスマートフォン版と同じような感じですね。

使い慣れたキーボードでの文字入力は快適だ

僕は仕事柄パソコンで作業することが多く、文字入力はキーボードが基本。

iPhoneで文字を打つ事はあるけれども、考えながらキーを打つという一連の流れでいくとやっぱりキーボードを使ったほうが断然スムーズですよね。

自宅にいるときも時間があればMacの前にいるわけで、その流れでメッセージのやりとりができるMac版のLINEは使い勝手がいいです。

グループ間でやりとりするなら文字を打つ回数も多くなると思うので、外出時以外はMac版のLINEが活躍しそうですよ!

(via 和洋風KAI)
スポンサードリンク