[Ingress] グリフハックで得られる経験値とアイテムの概要を解説。練習アプリで攻略しよう! [初心者向け]

ingress-glyph-hack-eyecatch.png
Ingress glyph hack eyecatch

こんにちは!モリダイ(@Mori2nd)です。

レベルが低いうちは相手のポータルを破壊したり、コントロールフィールドを貼るのも一苦労なんですよね。

なので最初のころは普通にハックしてAP(経験値)やアイテムを稼ぐんですけど、さらに効率よくAPやアイテムを取得する方法があります。それがグリフハック。

急いでいるときはなかなか難しいですが、時間があれば挑戦したいところ。僕はiPhoneに練習アプリをインストールして特訓しているところですよ。

というわけで、今回はグリフハックの概要と練習用のアプリをご紹介したいと思います。

グリフハックは通常ハックよりお得

ポータルでハックすると、AP(経験値)やアイテムをもらうことができますが、グリフハックをすることで以下のようなボーナスが付いてくるんですよ。

  1. アイテムが多くもらえる
  2. AP(経験値)がたくさんもらえる
  3. 実績メダル「Translator」をもらうためのポイント

それぞれについては後ほどご紹介するとことにして、まずはグリフハックがどんなものか一連の流れをご紹介しておきたいと思います。

グリフハックはどうやるの?

グリフハックをするためには「Hack(ハック)」ボタンを長押しして、グリフを受信。画面が切り替わるまでボタンは離さないようにします。

Ingress glyph hack 1

▼受信したグリフが表示されるので、その順番と内容を覚えておきます。

Ingress glyph hack 2

▼その後、自分の番になるので順番にグリフを完成させていきます。上手くいけばこんな感じでボーナスがもらえる仕組みです。

Ingress glyph hack 3

お得その1:アイテムが多くもらえる

グリフハックをすることで、通常のハックより多くのアイテムをもらうことができるんです。

どれくらいもらえるのかは気になりますよね。いくつか調べてみると2〜3倍くらいという情報も見つかりました。確かに正答率が高ければ結構ボーナスがもらえる感じがします。

お得その2:AP(経験値)がたくさんもらえる

AP(経験値)も正答率やスピードボーナスの内容によってたくさんもらうことができます。計算式は以前より複雑になってきているようなので、簡単に概要を説明しておきます。

【計算方式】
獲得AP = (50AP × 正解数) + ハックボーナス + スピードボーナス

【ハックボーナス(全問正解によるボーナス)】
出題される問題数にあわて全問正解で得られるボーナスポイントが変わってきます。パーセンテージで表現されています。

  • 1問・・・38%
  • 2問・・・60%
  • 3問・・・85%
  • 4問・・・120%
  • 5問・・・162%

【スピードボーナス】
スピードボーナスもパーセンテージによってもらえる仕組みです。どれくらい早く完成できるかが鍵ですね。

お得その3:Translaterメダル獲得のポイントがもらえる

実績メダルの中にTranslaterメダルというものがあります。こちらを獲得するために必要なポイントがグリフハックで全問正解することで手に入ります。

L8以降になると保持しているメダルの内容もレベルアップに関わってくるということなので、狙いやすいところから獲得しておきたいです。

レベルに応じたグリフ数ともらえるポイント

グリフハックの問題数と秒数はレベルに応じて変わってきます。ポータルのレベルとエージェント自身のレベルを比較して低い方が基準となるようですね。簡単に比較表にまとめておきました。

▼まずは、レベル・問題数・時間(秒数)の表です。

レベル問題数秒数
L1(または白ポータル)120
L2220
L3320
L4319
L5318
L6417
L7416
L8515

※レベルの扱い:ポータルレベルか自分のレベルのいずれか低い方

▼続いて全問正解数とTranslaterメダルのポイント、ハックボーナス(HackBonus)の表です。

全問正解数Translaterハックボーナス
11pt38%
22pt60%
34pt85%
48pt120%
515pt162%

グリフハックの問題数やもらえるポイントなどはこちらを参考にさせてもらいました。

練習アプリで特訓しよう

グリフハックについて解説させてもらいましたが、上手くやれば通常より多くのAPとアイテムが獲得でき、さらに続けていけばメダルまで獲得できてしまうというお得な技です。

特にレベルの低い初心者のうちはこれで稼いでいきたいので、僕はiPhoneに練習アプリをインストールして特訓しています。

それがこの「Glyph Mastery」です。

Glyph Mastery Glyph Mastery
価格: 無料 (記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他
App Storeで詳細を見る
アプリをダウンロードする

グリフハックの練習に特化していて、操作もシンプルでわかりやすいのがいいですね。

▼それぞれのグリフに付けられた名前を見ながら、グリフを描いていきます。正解すれば、次のグリフが現れます。

Ingress glyph hack 4

▼画面下側の「Show Me」と「All Glyphs」で各機能が呼び出せます。

Ingress glyph hack 5

▼左下の「Show Me」と書かれた部分をタップすれば、練習中のグリフの見本が表示されます。

Ingress glyph hack 6

▼右下の「All Glyphs」と書かれた部分をタップすれば、練習可能な全てのグリフが表示される仕組み。名前で検索することもできます。

Ingress glyph hack 7

自分が苦手なグリフは特訓ですね。

Ingress glyph hack 8

練習の成果なのか、簡単なグリフなら正解できるようになってきました。さらに特訓したいと思います。

まだまだレベルが低いので、グリフハックでAPやアイテムを稼いでいきたいです。結構複雑な模様のグリフもあるので、まずは簡単なところから覚えていくのが良さそう。

他にも僕のIngressプレイ記録とともに、特に初心者エージェントが覚えておくと役立つ情報をまとめいってます。こちらの記事もぜひご覧ください!

スポンサードリンク