Android

Xpeira Z4をイベントで体感!より身近で生活を楽しめるスマホへと進化していた

投稿日:

Xperia z4 touch and try event eyecatch

最新Xperiaを体感できるということで、イオンモール岡山で開催されているタッチ&トライイベントに行ってきた。

今回体感できるのは2015年夏のラインナップであるXperia Z4シリーズ。いろいろと楽しんできたのでご紹介したいと思う。

スポンサードリンク

「タッチ&トライ」イベントでXperiaZ4を体感

Xperia z4 touch and try event 1

タッチ&トライイベントでは主に目玉となる機能を紹介していて、それぞれのコーナーが用意されていた。

Xperia™ Touch & Try |ソニーモバイルコミュニケーションズ

お風呂など水回りで使える防水機能

Xperia z4 touch and try event 2

まずは防水機能。Xperia Z4 とタブレットが滝のような仕掛けの場所に置かれている。これだけでもそこそこのインパクトはあるのだが、それ以上だったのがもう一つのコーナー。

Xperia Z4を完全に水没させるというパフォーマンスを見た後で、それを取り出し動かしてみせてくれた。

Xperia z4 touch and try event 3

普通のスマホならこれだけで、取り返しがつかなくなったと思うところだが、全然問題なく動いていた。しかも、マイクロUSB端子やイヤホンジャックまで防水対応になっているので、キャップを付けたりといったことも不要。

お風呂に持って入っても特に問題無いということだった。今までジップロックなど密封できるものに入れた後、恐る恐る持っていったものだが、そんな心配もいらないようだ。

料理の撮影や自撮りがもっと楽しめるようになったカメラ

Xperia z4 touch and try event 4

続いてはカメラ機能。ご飯を食べに出かけたときに写真をとって、SNSなんかでシェアするのはわりと当たり前のように浸透してきている。

せっかくだから、料理の写真もキレイに撮影したいと思ってしまう。そんな感じで料理用の撮影モードを用意しているカメラやスマホアプリも出てきているが、撮影の時は自分でモードを切り替えるものが多い。

XperiaZ4ではこのあたりが配慮されていて、料理の写真のときには自動で料理撮影モードに切り替わるような機能が付いていた。

ちょっとした手間だが、あまり気にせず撮影を楽しめるというのはうれしい。

Xperia z4 touch and try event 5

そして、レンズについても写真を楽しむための配慮があった。インカメラが広角レンズになったことだ。

自撮りのときに背景が入れやすいし、グループで撮るときは今までよりも人がたくさん入れるようになっていた。

それを体感できるコーナーも用意されていて、過去のXperiaと今回のXperiaZ4で撮影したものを比較してみせてもらうこともできる。自分も実際に自撮りをやってもらった。

流石にレンズの差は歴然で撮影範囲はもちろん、画質も違っていた。

ちなみに写真は自分と案内のお姉さんとのツーショットだったので、少しドキドキした感じも楽しめたのは内緒だ(笑)

好きな曲をもっと楽しむための進化

Xperia z4 touch and try event 6

そして、音楽再生機能。ソニーといえばWalkmanという代表的なミュージックプレイヤーがあるが、Xperiaにもその技術が受け継がれている。

XperiaZ4ではソニーのハイレゾ対応ヘッドフォンと組み合わせることで、高音質なハイレゾ音源が楽しめるのだ。

このタッチ&トライでも体感コーナーが用意されていたので、そのヘッドホンで音楽聞かせてもらうことができた。自分が持っているスマホやMP3プレーヤーなどとはやはり音が違うように思う。音に臨場感があるという表現がしっくりくるのだろうか。

こういう「音」へのこだわりはソニーならではだと思った。

普段の生活でヘッドホンを持ち歩くことはあまり無いので、主に自宅など部屋で楽しむような感じだと思うのだが、良い音を気軽に楽しむにはとても良い。

おわりに

今回はタッチ&トライで体感してきたXperia Z4の最新機能を紹介させてもらった。防水機能だったり、カメラや音楽を楽しむ機能だったりとより生活の中に溶け込み、身近に置いておきたいスマホとして進化をとげているように感じた。

カメラについては、夜景を撮影したものも見せてもらったが、こちらもキレイだった。Xperia Z4はかなりいろいろなシーンで活躍し楽しめるスマホだと思った次第。

僕が訪れた「最新Xperiaのタッチ&トライ イベント」だがイオンモール岡山の一階で7/25〜7/26に行われている。

2015年夏のXperiaシリーズやSmartWatchも展示されていて、体感コーナーがあるし、スタンプラリーで景品なんかもあった。ウェブCMの撮影もやっている。珍しい機会だったので、楽しむことができて良かった。

スポンサードリンク

ピックアップ記事

1

機種変更時に最適なiPhoneのバックアップ方法をご紹介しています。iCloudバックアップではなく、iTunesの暗号化バックアップから復元することでスムーズにデータ移行できます。各アプリのIDやパスワードも引き継ぐにはこの方法がおすすめですよ。詳しい手順も解説していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

iPhone・iPadのAirDropの使い方を解説 2

iPhone・iPadなどApple製品同士で使えるAirDropはデータの受け渡しにとても便利な機能です。写真・動画・PDFなどのコンテンツを送受信する方法と利用する際の注意点も合わせてご紹介します。

3

AUKEYのUSB充電器「72W ACアダプター PA-Y12」を購入してみました。最大60WのUSB Type-C PD(Power Delivery)対応でワット数の異なるパソコンにもパワフル充電。追加のUSB-Aポート2つでスマホやタブレットの充電にも大活躍。使ってみた感想をご紹介します。

4

パソコン内のデータ整理とバックアップ目的でポータブルハードディスクを購入してみました。それがウエスタンデジタルの「WD Elements Portable」です。大容量なのに小さくて収納や持ち運びが楽です。商品の特徴や使ってみた口コミもご紹介します。

5

快適なパソコン作業環境を求めて21:9ウルトラワイドモニターを購入してみました。それがLGエレクトロ二クスの「29UM69G-B」29インチです。1枚のディスプレイでスクエアタイプのモニター2枚分の広さを実現。ウィンドウを並べての作業が捗りますね!商品の特徴や使ってみた感想をご紹介します。

-Android

Copyright© ディライトモード , 2019 All Rights Reserved.