Windows

USBでつないでマルチディスプレイができるBuffalo「GX-DVI/U2AI」を購入。作業領域が広々してかなり捗るようになった!

更新日:

こんにちは!モリダイ(@Mori2nd)です。普段システム開発の仕事をしているので、一日中PCのディスプレイと向き合って仕事をしております。

参考資料をいろいろと開きながら、別の資料作りをしたり、プログラムを作成したりしていると、画面上に各プログラムのウィンドウがたくさんできてきて切り替えるのが結構めんどうですね。ワイド画面で2つのウィンドウを並べても以外と狭かったりとわりとストレスな感じ。

もっと快適に作業できる環境がつくれないかと思って調べていたところ、USB経由でディスプレイを増設できるというBuffaloのアダプタ「GX-DVI/U2AI」をみつけたので購入してみました!

スポンサードリンク

USBでつないでマルチディスプレイができるBuffalo「GX-DVI/U2AI」を購入

主に仕事用として購入したわけですが、「元々仕事のPCはマルチディスプレイで接続出来る装備は無いがUSBは使える」、「自宅で古いモニターがあまっている」ということで条件にぴったりきました。

▼PCとの接続イメージはこんな感じです。

▼箱から取り出したところ。左からUSBケーブル、本体。DVI-I→D-Sub変換アダプタです。

作業領域が広々してかなり捗るようになった!

片方の画面に固定で資料を表示しつつ、もう片方の画面で作成中の資料やプログラムに集中できるようになったので、作業がかなり捗るようになりました!

ウィンドウをあっちやこっちに切り替えながらだと意外と思考がまとまりにくいような感じもあったんですが、画面が別なんでそのまま見比べながら進められます。

使ってみるともうマルチディスプレイじゃないと嫌だと思うほど快適です。はやく導入しとけば良かった(笑)

ちなみにWindowsだけでなく、Macにも対応。OEMなので製造元のサイトからもドライバーをダウンロード可能です。

個人的にはこちらのほうが最新の状態に保てるので分かる方にはいいんじゃないでしょうかね。

▼Buffaloの製品紹介ページはこちらです。
USB2.0用 ディスプレイ増設アダプター オートインストールモデル | GX-DVI/U2AI

【追記】デュアルディスプレイの使い勝手が良かったので、今度はトリプルディスプレイにしてみました!こちらもぜひチェックしてみてください!

スポンサードリンク

ピックアップ記事

1

AUKEYのUSB充電器「72W ACアダプター PA-Y12」を購入してみました。最大60WのUSB Type-C PD(Power Delivery)対応でワット数の異なるパソコンにもパワフル充電。追加のUSB-Aポート2つでスマホやタブレットの充電にも大活躍。使ってみた感想をご紹介します。

2

iPhoneで格安SIMを使って月額料金を節約したい!でも敷居が高くてわからない。そんな風に考えている人はきっと多いはず。ここではiPhoneで格安SIMを利用するまでの手順・乗り換え方法や注意点など、詳しくご紹介しています。

3

快適なパソコン作業環境を求めて21:9ウルトラワイドモニターを購入してみました。それがLGエレクトロ二クスの「29UM69G-B」29インチです。1枚のディスプレイでスクエアタイプのモニター2枚分の広さを実現。ウィンドウを並べての作業が捗りますね!商品の特徴や使ってみた感想をご紹介します。

4

パソコン内のデータ整理とバックアップ目的でポータブルハードディスクを購入してみました。それがウエスタンデジタルの「WD Elements Portable」です。大容量なのに小さくて収納や持ち運びが楽です。商品の特徴や使ってみた口コミもご紹介します。

5

機種変更時に最適なiPhoneのバックアップ方法をご紹介しています。iCloudバックアップではなく、iTunesの暗号化バックアップから復元することでスムーズにデータ移行できます。各アプリのIDやパスワードも引き継ぐにはこの方法がおすすめですよ。詳しい手順も解説していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

-Windows

Copyright© ディライトモード , 2019 All Rights Reserved.