【子供時代】1970年代生まれがハマった懐かしいおもちゃと思い出について語ろう!

今回は子供時代にハマった懐かしいおもちゃがテーマ。コレクションとして取ってあるものもあるので、収納から引張りだしてきました。

僕が1979年生まれなんで同世代の人ならきっと懐かしく思えるおもちゃの写真と思い出なんかをシェアしたいと思います!

スポンサードリンク

俺の星座のが一番強いに決まってんだろw「聖闘士星矢のセイントクロス」

ジャンプコミックスに連載されていた「聖闘士星矢(セイントセイヤ)」がTVアニメ化されたので当時はかなり見てましたね。

Bchildren 2

合わせて「聖闘士聖衣大系(セイントクロスシリーズ)」と呼ばれるアクションフィギュアが発売されていたので、僕ももちろん買って遊んでました。

▼こんな感じのです。

そのストーリーの中で一番熱かったのは「聖域十二宮編」。

12星座をそれぞれモチーフにしたゴールドセイントたちが登場していたわけですが、やっぱり気になるのは自分の星座なんですよ。

「俺の星座のが一番強いに決まってんだろw」なんて言い合っていた記憶がありますw

そろそろキラカードが出るぞ!「カードダス」

カードダスは今で言うトレーディングカードみたいなカードで、ガチャガチャ的な自動販売機から購入できました。

1枚20円で回せるので、小銭を握りしめて通ってましたね。

Bchildren 3

全部揃えたいという気持ちもあったんですが、やはりお目当てはキラ(プリズム)カード。なかなか出てこないんですよ。

ところがキラカードが出るかどうかがだんだん判定できるようになってきた。 単純なんですが、カードが出てくるスキマを除くとキラカードだけ少し色が違って見えるんです。(知ってた人も多いかもしれませんが)

その技術を習得してからはキラカードのゲット率が向上したのは言うまでもありませんw

ということで懐かしいコレクションの一部をご紹介。

SDガンダム

▼こちらはSDガンダムのパート1です。
Bchildren 4

自分で買ってもいたんですが、コミックボンボンのプレゼントに応募したらセットで当たりました!

ドラゴンボール

▼ドラゴンボールのカードダスも集めてました。
Bchildren 5

レアシールが欲しくて親に頼んで箱買い!「オマケシール」

小学生のときにすごい流行ったのがお菓子のおまけに付いていたシール(通称:オマケシール)を集めること。

この世代の人たちはほとんど持ったことがあるんじゃないかな。僕もお菓子を食べつつひたすら集めましたね。

Bchildren 6

中でもすごいハマったのがビックリマンシールです。

お菓子を求めて近所の駄菓子屋やスーパーに通ったわけですが、人気があってなかなか入手できませんでした。

あまりの人気ぶりに一人3個までとかって形で売っているお店もあったんで、両親に頼んで並んでもらったり。

さらには、いとこのおばちゃんとかにも頼んでましたね。何らかのルートで箱ごと仕入れてきてくれたりもして、そん時は大喜びしてました。

のちに大学生になって復刻版が出たときはもちろん箱買いしまくりましたw

主流はビックリマンシールだったわけですが、他にもガムラツイスト・ラーメンばあ・ドキドキ学園なんかも集めていたんで、こちらも懐かしいコレクションの一部をご紹介。ビックリマンのニセモノもありますよ。

ビックリマンシール

▼「シャーマンカーン」はアイスで当てたやつだったかな。「怪奇ムガル」はなんと二重シールでホログラム。
Bchildren 7

神帝シリーズも人気がありましたね。
Bchildren 8

ガムラツイスト、ラーメンばあ

▼ガムラツイストはもとから二重シール。三重になってるのもあったなー。
Bchildren 9

ラーメンばあと言えば「ヘイ!おやじ。ラーメンばあ」でしょう!この掛け声も懐かしい!
Bchildren 10

ドキドキ学園

ドキドキ学園はシールの素材が豊富でしたね。
Bchildren 11

「ロッチ」のドッキリマンシール

ビックリマンシールの人気に便乗してニセモノが出回ってましたよね。

それが「ロッチ」のドッキリマンシール。ロッテの「テ」が「チ」になっているということでも有名でした。

▼上側が本物「ロッテ」、下側がニセモノ「ロッチ」。
Bchildren 12

あとがき

この記事を書くためにカードやシールなんかを収納から引っ張りだして眺めていたんですが、当時の思い出もよみがえってきて懐かしいですね。

スポンサードリンク