Apple全般

「HealthKit & Health」の今後の展開を示唆するようなiPhone5SのCM『Strength』が興味深い!

更新日:

Appleが『Strength』というタイトルでiPhone5SのCMを公開していますね。僕もそのCMを見てみましたが、WWDC 2014で発表された「HealthKit & Health」の今後の展開を示唆するようなつくりになっていてとても興味深いですよ。

スポンサードリンク

自分を向上させるフィットネス、iPhoneを使えばもっと楽しくなる!

このCMではiPhoneの様々なフィットネス系アプリにフォーカスをあてていて、場所や距離、加速度センターを駆使してトレーニングしている姿がうつしだされています。こんな感じでアプリを使って楽しそうにトーレニングしている姿をみると自分もiPhoneを使ってやってみたいなんて考えちゃいますよね。

実際に僕もNike+やRunkeeperといったランニング系アプリに腕立て伏せアプリなんかを使ったことがありますが、ビジュアル的に状況がすぐにわかるし、記録が残っていると後で見返すのも楽しい。ただ、それぞれアプリごとで記録を管理しなくちゃいけないので面倒なところもあったわけですが。

トーレニングの記録が「Health」で集中管理できることへと繋がり、それはどう展開していくのか?

WWDC 2014で発表された「HealthKit & Health」は概要みたいなものだったので、具体的にどうなるのかがわからない部分もありますが、健康状態に関わるいろいろなものが集中管理できるようになるといったイメージでした。タイミング的に今このCMが発表されたということは、そこへ繋がる予告編なんじゃないかということでとても興味深く見ちゃいましたね。また続編も出そうな予感。

「HomeKit」もそうなんですけど、Appleが目指している未来というものにワクワクしちゃうのは僕だけではないはず。

これから『iOS 8』が本当の真価をはっきするにはそれを取り囲むデバイスや環境が充実してこないといけない。そう考えると秋頃リリースされるまでにどれだけ整ってくるのか、その後どんなものが発表されるのかが重要になっていますよね。

これからまたいろいろな発表があると思うので、期待しつつ楽しみにしながら展開を追っていきたいです!

via:OS X Daily

スポンサードリンク

ピックアップ記事

1

機種変更時に最適なiPhoneのバックアップ方法をご紹介しています。iCloudバックアップではなく、iTunesの暗号化バックアップから復元することでスムーズにデータ移行できます。各アプリのIDやパスワードも引き継ぐにはこの方法がおすすめですよ。詳しい手順も解説していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

iPhone・iPadのAirDropの使い方を解説 2

iPhone・iPadなどApple製品同士で使えるAirDropはデータの受け渡しにとても便利な機能です。写真・動画・PDFなどのコンテンツを送受信する方法と利用する際の注意点も合わせてご紹介します。

3

AUKEYのUSB充電器「72W ACアダプター PA-Y12」を購入してみました。最大60WのUSB Type-C PD(Power Delivery)対応でワット数の異なるパソコンにもパワフル充電。追加のUSB-Aポート2つでスマホやタブレットの充電にも大活躍。使ってみた感想をご紹介します。

4

パソコン内のデータ整理とバックアップ目的でポータブルハードディスクを購入してみました。それがウエスタンデジタルの「WD Elements Portable」です。大容量なのに小さくて収納や持ち運びが楽です。商品の特徴や使ってみた口コミもご紹介します。

5

快適なパソコン作業環境を求めて21:9ウルトラワイドモニターを購入してみました。それがLGエレクトロ二クスの「29UM69G-B」29インチです。1枚のディスプレイでスクエアタイプのモニター2枚分の広さを実現。ウィンドウを並べての作業が捗りますね!商品の特徴や使ってみた感想をご紹介します。

-Apple全般
-,

Copyright© ディライトモード , 2019 All Rights Reserved.