Apple全般

Appleから「WWDC 2014」の各種セッションビデオが公開!WebサイトやiOSアプリで視聴可能!

更新日:

先日の基調講演(キーノート)も記憶にあたらしいAppleの「WWDC 2014」。iOS8やOX X Yosemiteの発表のみならず、新しい開発言語『Swift』まで登場しましたよね。

「WWDC 2014」は基調講演(キーノート)以外にも様々なセッションが行われていてとても興味深いイベントですが、チケットを手に入れてサンフランシスコまで訪れること自体が困難。なかなか見る機会は無いかと思っていましたが、そんな人たちのためにAppleが各種セッションビデオを公開してました!

スポンサードリンク

「WWDC 2014」の各種セッションビデオはWEBサイトやiOSアプリで視聴可能!

Appleは「WWDC 2014」のWEBサイトで各種セッションビデオのリストを掲載。気になるセッションの内容はiOS 8やOS X Yosemiteの話題から統合開発環境「Xcode 6」やアプリ開発に必要な技術的な話題まで様々なトピックをカバーしています。

WEBサイトではストリーミングで視聴出来るほか、HDまたはSDフォーマットでダウンロードも可能。さらにセッションに関わるスライドをPDFにしたものまで置いてありましたよ。

それから、iOS向けWWDCアプリでもセッションビデオが掲載されていて、ダウンロードや視聴が可能になっています。気軽に持ち運んでみれるという点ではこちらの方が便利ですね。

WWDC WWDC
価格: 無料 (記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他
App Storeで詳細を見る

アプリをダウンロードする

実際に現地のイベントに参加することは難しいので、この機会に気になるものをいくつか視聴してみたいと思います!

via:iDownloadBlog

スポンサードリンク

ピックアップ記事

1

機種変更時に最適なiPhoneのバックアップ方法をご紹介しています。iCloudバックアップではなく、iTunesの暗号化バックアップから復元することでスムーズにデータ移行できます。各アプリのIDやパスワードも引き継ぐにはこの方法がおすすめですよ。詳しい手順も解説していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

iPhone・iPadのAirDropの使い方を解説 2

iPhone・iPadなどApple製品同士で使えるAirDropはデータの受け渡しにとても便利な機能です。写真・動画・PDFなどのコンテンツを送受信する方法と利用する際の注意点も合わせてご紹介します。

3

AUKEYのUSB充電器「72W ACアダプター PA-Y12」を購入してみました。最大60WのUSB Type-C PD(Power Delivery)対応でワット数の異なるパソコンにもパワフル充電。追加のUSB-Aポート2つでスマホやタブレットの充電にも大活躍。使ってみた感想をご紹介します。

4

パソコン内のデータ整理とバックアップ目的でポータブルハードディスクを購入してみました。それがウエスタンデジタルの「WD Elements Portable」です。大容量なのに小さくて収納や持ち運びが楽です。商品の特徴や使ってみた口コミもご紹介します。

5

快適なパソコン作業環境を求めて21:9ウルトラワイドモニターを購入してみました。それがLGエレクトロ二クスの「29UM69G-B」29インチです。1枚のディスプレイでスクエアタイプのモニター2枚分の広さを実現。ウィンドウを並べての作業が捗りますね!商品の特徴や使ってみた感想をご紹介します。

-Apple全般
-

Copyright© ディライトモード , 2019 All Rights Reserved.