その他の話題

iOS・Androidアプリからお湯が湧かせるWifi電気ポット「iKettle」、コンセプトムービーも公開されています!

更新日:

世界初をうたっているWifi対応の電気ポット(電気ケトル)「iKettle」という商品が英国のFireBoxというショッピングサイトで予約を受付していますね。

この商品、iOSやAndroidの専用アプリから、電源のオン・オフや湯沸かし温度の選択(65/80/95/100度)ができるようです。

また通知機能もあって、お湯が湧くと通知してくれたり、帰宅した際にWifiのネットワーク内に入ると通知して、そのままお湯を湧かしたりといった事もできるみたいなんです。なかなか面白いですよね。

ポットに水を入れて、セットしておけば、離れたところから操作できるんで、寒い時期にあまり動きたくないという僕のようなものぐさな人には、かなりありがたい仕様です(笑)

▼ショッピングサイトにはコンセプトムービーも公開されていたのでどうぞ。

http://www.firebox.com/video/3792

便利そうでいいですね〜。

ちなみに英国の商品なので、価格は99.99イギリスポンドとなっています。出荷時期は2013年11月。

性能面では、水の容量が1.8リットル。電圧は220-240ボルト。Wifiは802.11 b/gでWPAとWPA2に対応しています。

海外製品なので日本での利用には、電圧の変換機やWifiの適合証明などが必要となってきそうです。うーむ。

日本仕様版をどこかで扱ってくれないかな〜。

iKettle - buy at Firebox.com

(via Engadget JapaneseAppBank)

スポンサードリンク

ピックアップ記事

1

機種変更時に最適なiPhoneのバックアップ方法をご紹介しています。iCloudバックアップではなく、iTunesの暗号化バックアップから復元することでスムーズにデータ移行できます。各アプリのIDやパスワードも引き継ぐにはこの方法がおすすめですよ。詳しい手順も解説していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

iPhone・iPadのAirDropの使い方を解説 2

iPhone・iPadなどApple製品同士で使えるAirDropはデータの受け渡しにとても便利な機能です。写真・動画・PDFなどのコンテンツを送受信する方法と利用する際の注意点も合わせてご紹介します。

3

AUKEYのUSB充電器「72W ACアダプター PA-Y12」を購入してみました。最大60WのUSB Type-C PD(Power Delivery)対応でワット数の異なるパソコンにもパワフル充電。追加のUSB-Aポート2つでスマホやタブレットの充電にも大活躍。使ってみた感想をご紹介します。

4

パソコン内のデータ整理とバックアップ目的でポータブルハードディスクを購入してみました。それがウエスタンデジタルの「WD Elements Portable」です。大容量なのに小さくて収納や持ち運びが楽です。商品の特徴や使ってみた口コミもご紹介します。

5

快適なパソコン作業環境を求めて21:9ウルトラワイドモニターを購入してみました。それがLGエレクトロ二クスの「29UM69G-B」29インチです。1枚のディスプレイでスクエアタイプのモニター2枚分の広さを実現。ウィンドウを並べての作業が捗りますね!商品の特徴や使ってみた感想をご紹介します。

-その他の話題

Copyright© ディライトモード , 2019 All Rights Reserved.