マイクロソフトがOffice文書の公開・共有サービス「Docs」を開始。ウェブサイトへの埋め込みやコレクション機能など活用できて面白そうだ

microsoft-docs-dot-com-eyecatch.jpg

Microsoft docs dot com eyecatch

マイクロソフトから新しいドキュメント共有サービス「Docs」がリリースされたようだ。

基本的にはOffice関連のドキュメントを共有できる仕組みになっているが、情報をまとめて共有できるコレクション機能やウェブサイトへの埋め込みにも対応しているなど、いろいろと活用できそうな気がする。

なかなか面白そうなサービスなのでシェアしたいと思う。

スポンサードリンク

Microsoftのドキュメント共有サービス「Docs」

Microsoft docs dot com 1

Microsoftからリリースされていたドキュメント共有サービス「Docs」。いくつか調べてみたがやり方次第でなかなか面白く使えそうなサービスだ。

【公式サイト】Docs.com—作品を世界中の人々と共有

以下の記事も参考にさせてもらった。

Office文書やPDFの共有が可能

プレゼン資料などの共有サービスといえばSlideShareが思い浮かんだが、「Docs.com」はプレゼン資料でも使うPowerPointはもちろん、WordやExcelにも対応している

対応フォーマットの概要

  • PowerPoint
  • Word
  • Excel
  • PDF

特にPowerPointのアニメーションに対応しているところが素晴らしい

これはOnlineの機能を使っているので、実現できているとのこと。動きで魅せる資料であれば効果的に見てもらうことができていい。

ウェブサイトへの埋め込みに対応。ブログでも活用できそう

Microsoft docs dot com 2

またウェブサイトへの埋め込みにも対応しているところが面白い

試しに公式サイトに「Docs.comをおすすめする3つの理由」というのがあったので、埋め込んでみた。それが下記のものだ。

確かにアニメーション機能なども再現されている。こうやってブログなどにも埋め込むことができるので、いろいろと活用できそうだ。

関連するコンテンツやリンクを一つにまとめれるコレクション機能は便利

Microsoft docs dot com 3

あと便利そうなのがコレクション機能。関連するコンテンツやリンクを一つにまとめて紹介できる。「NAVERまとめ」みたいな感じの機能と思ったら良いらしい。

こちらも自分のウェブサイトに埋め込めるので、活用の幅が広がる。同様に「Docs.com」にあったコレクションを実際に埋め込んでみた。以下がそのコレクションだ。

おわりに

「Docs」は普段使っているOffice文書を使えるということで、利用の幅は広そうだ。「Docs.com」でももちろん共有できるのだが、ブログやウェブサイトに埋め込んでうまく活用できれば、なかなか面白いと思った。

現段階ではMicrosoftアカウントがあれば無料で使えるようなので、気になる方は試してみてはどうだろうか。

スポンサードリンク