iPhone

iPhone5をiTunes経由でバックアップ&iOS7にアップデート(バージョンアップ)

更新日:

iPhone5s/5cが発売されて1週間ほど経ちましたね。使っているアプリもiOS7に対応してきたので、iTunes経由でバックアップして、アップデートしてみました!

メジャーバージョンアップは頻繁にはないので、備忘録としてご紹介します!

スポンサードリンク

iPhoneをiTunes経由でバックアップ

はじめに念のため、iTunes経由でiPhoneのバックアップをとりました。手動で「今すぐバックアップ」します。

はじめてiPhoneからiTunesをする場合は、以前書いたこちらの記事を参考にしてみてくださいね。
iPhoneからiTunesへApp(アプリ)を同期する方法。iPhoneユーザーがはじめてiTunesと同期するときはご注意を【iTunes11にも対応】

IDやパスワードも含めたバックアップはこちらの方法でできますよ。
iPhone同士の機種変更時に便利!iTunesバックアップからの復元で各アプリのIDやパスワードを引き継ぐ方法

iOS7にアップデート(バージョンアップ)

準備ができたらさっそくiOS7へアップデートします。
(今回は先にiOS7のみダウンロードしておきました。まだの場合はダウンロードから開始すると思います。)

確認メッセージがでたので、「アップデート」をクリック。

しばらく待つと再起動されます。その間もiPhoneのケーブルは抜かないで接続したままに。

iPhone本体側ではアップルマークがあらわれて、その下に進捗が。そのまま待っていると「こんにちは」画面へ。

スライドしてロックを解除。後もう少し設定したら終わりですね。

続いて位置情報サービスの設定をします。僕は位置情報を使ったアプリをよく利用しているので「オン」に。

iCloudの利用規約とアップルプライバシーポリシーに同意します。「iPhoneを探す」の説明を確認して「続ける」。

ここで「ようこそiPhoneへ」となりました!さあ、はじめましょう!

iOS7からSpotlightの位置が変わっているので、その説明を確認したら「了解」をタップ。

これでiOS7へのアップデート(バージョンアップ)が終了し、無事利用できるようになりました!

特に問題もなくスムーズにいって良かったです!よろしければ参考にしてみてください!

スポンサードリンク

ピックアップ記事

1

AUKEYのUSB充電器「72W ACアダプター PA-Y12」を購入してみました。最大60WのUSB Type-C PD(Power Delivery)対応でワット数の異なるパソコンにもパワフル充電。追加のUSB-Aポート2つでスマホやタブレットの充電にも大活躍。使ってみた感想をご紹介します。

2

iPhoneで格安SIMを使って月額料金を節約したい!でも敷居が高くてわからない。そんな風に考えている人はきっと多いはず。ここではiPhoneで格安SIMを利用するまでの手順・乗り換え方法や注意点など、詳しくご紹介しています。

3

快適なパソコン作業環境を求めて21:9ウルトラワイドモニターを購入してみました。それがLGエレクトロ二クスの「29UM69G-B」29インチです。1枚のディスプレイでスクエアタイプのモニター2枚分の広さを実現。ウィンドウを並べての作業が捗りますね!商品の特徴や使ってみた感想をご紹介します。

4

パソコン内のデータ整理とバックアップ目的でポータブルハードディスクを購入してみました。それがウエスタンデジタルの「WD Elements Portable」です。大容量なのに小さくて収納や持ち運びが楽です。商品の特徴や使ってみた口コミもご紹介します。

5

機種変更時に最適なiPhoneのバックアップ方法をご紹介しています。iCloudバックアップではなく、iTunesの暗号化バックアップから復元することでスムーズにデータ移行できます。各アプリのIDやパスワードも引き継ぐにはこの方法がおすすめですよ。詳しい手順も解説していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

-iPhone

Copyright© ディライトモード , 2019 All Rights Reserved.