WordPressカスタマイズ

任意の画像をファビコンに変換してくれるWEBサービス「Dynamic Drive - FavIcon Generator」でファビコンを作成してみました!

更新日:

@Mori2ndです。先日、ブログ名を変更したので、それに合わせてファビコンを作成してみました。

Macでファビコンを作成できるアプリを探そうかと思っていましたが、OZPAさんのブログで便利なWEBサービスを発見

試してみたところ本当に簡単に作成できて便利だったので、このブログでもご紹介させていただきます!

スポンサードリンク

任意の画像をファビコンに変換

変換する画像を用意

まずはファビコンに使いたい画像を用意します。

対象のファイル形式は「gif, jpg, png, bmp」。サイズは150KBまでです。

私はMac用のアプリSkitchを使って、こちらの画像を用意しました。
(ファビコンサイズでは文字数が多いとわかりにくいので、シンプルに1文字だけ。)

画像をアップロードして変換

準備ができたら「Dynamic Drive - FavIcon Generator」にアクセス。

Dynamic Drive- FavIcon Generator

先ほどの画像を指定して「Create Icon」をクリックするとファビコンの作成が開始されます。

基本は「16 x 16」のサイズ。他のサイズも含めたい場合はオプションをチェックしてください。

作成が完了すると結果をプレビューできます。

この内容で良ければ「Download FavIcon」をクリックするとファビコンがダウンロードできるのです。ほんと簡単!

以上、いかがでしたでしょうか。

おかげさまで今のブログ名にあったファビコンを作成できましたよ!

すでに用意してある画像でファビコンを作成したいという方はぜひお試しください!

faviconを超簡単に作成できるサイト「Dynamic Drive – FavIcon Generator」 | OZPAの表4

スポンサードリンク

ピックアップ記事

1

iPhoneで格安SIMを使って月額料金を節約したい!でも敷居が高くてわからない。そんな風に考えている人はきっと多いはず。ここではiPhoneで格安SIMを利用するまでの手順・乗り換え方法や注意点など、詳しくご紹介しています。

2

機種変更時に最適なiPhoneのバックアップ方法をご紹介しています。iCloudバックアップではなく、iTunesの暗号化バックアップから復元することでスムーズにデータ移行できます。各アプリのIDやパスワードも引き継ぐにはこの方法がおすすめですよ。詳しい手順も解説していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

3

AUKEYのUSB充電器「72W ACアダプター PA-Y12」を購入してみました。最大60WのUSB Type-C PD(Power Delivery)対応でワット数の異なるパソコンにもパワフル充電。追加のUSB-Aポート2つでスマホやタブレットの充電にも大活躍。使ってみた感想をご紹介します。

4

パソコン内のデータ整理とバックアップ目的でポータブルハードディスクを購入してみました。それがウエスタンデジタルの「WD Elements Portable」です。大容量なのに小さくて収納や持ち運びが楽です。商品の特徴や使ってみた口コミもご紹介します。

5

快適なパソコン作業環境を求めて21:9ウルトラワイドモニターを購入してみました。それがLGエレクトロ二クスの「29UM69G-B」29インチです。1枚のディスプレイでスクエアタイプのモニター2枚分の広さを実現。ウィンドウを並べての作業が捗りますね!商品の特徴や使ってみた感想をご紹介します。

-WordPressカスタマイズ
-

Copyright© ディライトモード , 2019 All Rights Reserved.