WordPressカスタマイズ

MarsEditでWordPressプラグイン『All in One SEO Pack』の内容を入力できるように設定してみた!

更新日:

@Mori2ndです。ブログを書くときはMarsEditというMacアプリを利用しています。

画像やhtmlタグの挿入、プレビュー機能などがすぐれているのでこれを愛用していますが、SEO対策のプラグイン「All in One SEO Pack」でのタイトルなどmeta情報の内容はサーバーにアップロードした後で改めて入力しています。

この作業が地味に面倒だと思っていながらもそのままにしていましたが、やっぱり少しでも記事が書きやすい環境を作りたいので、MarsEditできちんと入力できるようにしてみました。

WordPressのバージョンアップ等で再び設定することもあると思うので、備忘録も兼ねてご紹介しておきます!

スポンサードリンク

WordPressの設定をする

MarsEditなどのアプリから「All in One SEO Pack」の内容を入力するために、WordPressのファイルを編集して設定をします。対象のファイルは「meta.php」です。

場所
[サーバーのWordPressインストールフォルダ]/wp-includes/meta.php

内容を間違えてしまうとエラーになることもあるので、事前にバックアップしておきましょう。

meta.php」ファイルを開いて、コードの中から以下の箇所を探します。

▼コードの中のこの部分を、

▼こちらに変更します。

変更内容を保存して、サーバーのファイルを上書きしたらWordPressの設定は完了です。

ちなみにWordPressのバージョンアップをするとこのファイルが更新され、設定が消えてしまうかもしれないので、バージョンアップ時は忘れないようにチェック!

MarsEditに設定を追加する

続いて、MarsEditで自分のブログの設定を変更する必要があります。

自分のブログを選択した後、設定ボタンから「Edit Settings」を選びます。

「Custom Fields」からカスタムフィールドを3つ追加します。

  • _aioseop_title
  • _aioseop_descriptoin
  • _aioseop_keywords

「MarsEdit Label」は入力欄のタイトルなので分かりやすいものを入力。

文字数が多いとすべて表示されないようなので、適度にわかる内容にしました。

設定が終わると入力欄が追加されています。これでMarsEditから入力できるようになりましたね。

ちょっとしたことかもしれませんが、普段使っているアプリから同じように入力できるっていうのはうれしい。記事を書く事に集中できるよう少しでも環境を整えていきたいです!

MarsEdit - the blog editor for WordPress, Tumblr, Blogger and more. MarsEdit - the blog editor for WordPress, Tumblr, Blogger and more.
価格: ¥4,000 (記事公開時)
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング, 仕事効率化
App Storeで詳細を見る

アプリをダウンロードする

WordPress › All in One SEO Pack « WordPress Plugins

設定は、あかめ(@mk_mizuho)さんとれい(@Sayobs)さんの記事を参考にさせてもらいました。ありがとうございます!

[Å] MarsEdit初期設定:「All in One SEO」の内容をMarsEditでも入力できるようにする方法 | あかめ女子のwebメモ

MarsEditでWordPressのプラグイン・All in One SEO Packを使う方法 | Last Day. jp

スポンサードリンク

ピックアップ記事

1

機種変更時に最適なiPhoneのバックアップ方法をご紹介しています。iCloudバックアップではなく、iTunesの暗号化バックアップから復元することでスムーズにデータ移行できます。各アプリのIDやパスワードも引き継ぐにはこの方法がおすすめですよ。詳しい手順も解説していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

iPhone・iPadのAirDropの使い方を解説 2

iPhone・iPadなどApple製品同士で使えるAirDropはデータの受け渡しにとても便利な機能です。写真・動画・PDFなどのコンテンツを送受信する方法と利用する際の注意点も合わせてご紹介します。

3

AUKEYのUSB充電器「72W ACアダプター PA-Y12」を購入してみました。最大60WのUSB Type-C PD(Power Delivery)対応でワット数の異なるパソコンにもパワフル充電。追加のUSB-Aポート2つでスマホやタブレットの充電にも大活躍。使ってみた感想をご紹介します。

4

パソコン内のデータ整理とバックアップ目的でポータブルハードディスクを購入してみました。それがウエスタンデジタルの「WD Elements Portable」です。大容量なのに小さくて収納や持ち運びが楽です。商品の特徴や使ってみた口コミもご紹介します。

5

快適なパソコン作業環境を求めて21:9ウルトラワイドモニターを購入してみました。それがLGエレクトロ二クスの「29UM69G-B」29インチです。1枚のディスプレイでスクエアタイプのモニター2枚分の広さを実現。ウィンドウを並べての作業が捗りますね!商品の特徴や使ってみた感想をご紹介します。

-WordPressカスタマイズ

Copyright© ディライトモード , 2019 All Rights Reserved.