Apple「WWDC 2014」にて『iOS 8』を発表!秋頃に正式リリース!

Appleが「WWDC 2014」にて次期OSとなる『iOS 8』を発表しました!開発者向けのベータ版は公開され、秋頃に正式リリースされるようです!

いろいろ発表された内容をこの後ご紹介していきたいと思います!

スポンサードリンク

Apple『iOS 8』を発表し、新機能等を公開!

通知センターのデザインを刷新し、通信センターから直接メッセージを送れるようになりました。

ホーム画面のトリプルタップではアプリのサムネイル一覧だけでなく、上部に最近連絡した連絡先が並んで表示されるように。選択すると電話やメッセージなどの連絡手段が選べる。

メールアプリの新UI。メール一覧をスワイプしてタグ付け、削除など。

より早いキー入力をサポートする「QuickType」。

単語や文脈を予測、入力を学習して候補を表示。

メッセージ機能の強化。グループメッセージ機能を搭載。

位置情報や音声、動画も送信可能に。

「HealthKit & Healt」。健康に関する情報をまとめて一つのアプリで管理が可能。Nikeなどのサードパーティー製アプリとも連携できます。

「Family Sharing」。家族での情報共有。写真やカレンダーをはじめ、購入した音楽や本なども。最大6人まで利用可能。

クレジットカード情報も共有でき、子供の購入アイテムを親が許可する機能も。

写真機能の強化。日時、アルバム名などでの検索機能の改良。編集機能がパワーアップし、より簡単に編集可能へ。

iCloud内の写真を複数デバイスを共有。5GBまでは無料で、ストレージ容量の拡張は20GB(0.99ドル/月)、200GB(3.99ドル/月)で1TBまで可能。

「Siri」がパワーアップ。音楽検索アプリ「Shazam」の機能を搭載、iTunesコンテンツの購入、ストリーミング音声認識、22の新しい言語辞書機能。

「App Store」アプリ。スクロール可能な検索結果にトレンド検索機能。エディターズチョイスやオススメアイコンを付加。

複数のアプリをまとめて特価販売出来るバンドル機能を搭載。アプリのデモ動画も掲載可能になりました。

「SDK(ソフトウェア開発キット)」。4,000もの新しいAPIを提供、サードパーティーによるウィジェットやアプリの拡張機能を可能にし、Touch IDもサードパーティ製アプリで利用可能となりました。

家庭の各ホームオートメーション機器との連携を可能にする「HomeKit」

グラフィックパフォーマンスを拡大した「Metal」を公開。他にはゲームなどで良く使われる「SpriteKit」や「SceneKit」を自前で提供。

開発者にとっては驚き、Xcodeの新プログラミング言語「Swift」を発表!

コード量も少なくなり、開発スピードがアップするとのことでしたが、はたしてどうなるか。

『iOS 8』の開発者向けベータ版は本日より公開。正式版は秋頃リリースとのこと。対応でバイスはiPhone4S以降、第五世代iPod touch、iPad2以降となっています。

以上、キーノートで発表された『iOS 8』関連の内容でした!

スポンサードリンク