[WordPress]301リダイレクト設定が簡単にできるプラグイン「Redirection」


photo credit: Phil Oakley via photopin cc

@Mori2ndです。Googleのウェブマスターツールで自分のブログデータを見ていたらリンクエラーになっている箇所を発見しました。

そういえばカテゴリのスラッグが日本語になっている分を英語に変えていたのですが、特に対策をしていなかったので、古いURLでアクセスがあったときにエラーになっていたようです。

旧URLから新URLへ301リダイレクトすれば解決するので、「Redirection」というWordPressプラグインを使って設定してみました。

スポンサードリンク

301リダイレクト設定が簡単にできる

プラグインをインストール

まずはプラグインをインストールするところから。

プラグインの検索で「Redirection」と検索したらでてくると思うので、インストールして有効化します。

ファイルでダウンロードすることも可能なので、URLを載せておきます。

WordPress › Redirection « WordPress Plugins

ファイルをダウンロードした場合は、wp-content内のpluginsフォルダに、FTPを使ってアップロードしてください。

WordPress管理画面から301リダイレクトの設定をする

プラグインを有効にすると、ツールの中に「リディレクション」の項目ができているので、ここから設定します。

「新しい転送ルールを追加」で、ソースURLのほうに旧URL、ターゲットURLに転送先の新URLをいれます。

操作項目は「URLへ転送」にしておいて、「新しい転送ルールを追加」ボタンをクリックすればOKです。

正規表現も使えるようなので、いろいろ設定したい方は試してみるといいですね。

正規表現 - Wikipedia

 

設定後に確認してみたら、ばっちりリダイレクトされていました。

リダイレクトの設定は「.htaccess」に記述する方法もありますが、リダイレクトしたい数がたくさんあると記述が大変だし、下手に記述してしまうとブログ全体にも影響がでてきます。

その点、プラグインを使えばWordPressの管理画面から簡単に編集できるので便利ですね。

 

OGPの設定は自分でコードを書いてみました。Facebookなどソーシャルメディアでシェアされたとき、より情報が伝わりやすくなりますよ。

[WordPress]OGPはプラグインを使わずに自力でコードを追加したらスッキリ設定できた! | Mori2nd Lab

自分のブログ記事の反響はZenbackを設置してるとよくわかりますね。

[WordPress]zenbackの設置にはちょっとしたコツがあった | Mori2nd Lab

スポンサードリンク