[iPhone]Sylfeedにfeedlyアカウントを追加。購読(フィード)データをスタンドアローンから移行しました!

img20140706010001

iPhoneでRSSを購読するのにSylfeedというアプリを使っています。記事の共有・SNS連携機能がとても便利なのでかなり重宝しています。

このアプリはgoogleリーダーが使えたころから愛用していましたが、終了後しばらくの間はSylfeedはアプリの独自保存形式のみに対応。feedlyも使い始めましたが、結局データをSylfeedに取り込んで利用していました。

その後、RSSリーダーのクラウドサービス「feedly」にも直接連動できることになったので、購読データを移行させてみることにしました。

スポンサードリンク

Sylfeedにfeedlyのアカウントを追加

Sylfeed Sylfeed
価格: ¥200 (記事公開時)
カテゴリ: ニュース, ソーシャルネットワーキング
App Storeで詳細を見る
アプリをダウンロードする

はじめにSylfeedにfeedlyのアカウントを登録して追加しました。

img20140706013589

アカウントの追加から「feedly」を選択します。

img20140706013588

後はfeedlyにサインインして、アカウント情報で名前を付けたらいいですね。僕はそのまま「feedly」です。

img20140706013617

これでfeedlyに登録してあるRSSフィードが読み込まれました。

img20140706013592

OPMLデータをエクスポートしてfeedlyのアカウントにインポート

Sylfeed独自アカウント(スタンドアローン)の購読データをエクスポート

元々登録していたSylfeed独自アカウント(スタンドアローン)の購読データをエクスポートします。

まずは歯車アイコンから設定へ。

img20140706013593

一式エクスポートしたいので、「OPMLをエクスポート」を選択。

img20140706013594

それから右上のアイコンをタップして、インポート先を選択します。アプリ内なので「ペーストボード」を利用。

img20140706013595

feedlyに購読データをインポート

エクスポートできたら、いよいよfeedlyアカウントの方にエクスポートです。

右上の編集ボタンを選択。

img20140706013597

今度は左上のRSSアイコンを選択します。

img20140706013598

OPML形式で出力したので、「OPMLをインポート」します。

img20140706013601

先ほどペーストボードに保存したデータを利用。

img20140706013602

読み込みできたらリストが表示されるので、よければ「完了」ボタンで終わりです。

img20140706013603

これでfeedlyアカウントのほうに購読(フィード)データを移行できました。feedlyならデータがクラウドにあるので、iPhoneでもPC・Macでも同じようにデータが共有できて便利ですね。

いくつかはSylfeedの独自形式(スタンドアローン)とfeedlyそれぞれに登録してあるフィードがあったので、後で整理しようと思っています。

Sylfeed Sylfeed
価格: ¥200 (記事公開時)
カテゴリ: ニュース, ソーシャルネットワーキング
App Storeで詳細を見る
アプリをダウンロードする

こちらの関連記事もどうぞ!

スポンサードリンク