自分のMacbook Air(Mid 2012)のSSDは大丈夫?確認ファームウェアで不具合対象機種なのかチェックしてみた!

@Mori2ndです。普段から愛用しているMacbook Airですが、このたびのアップルの発表によると、内蔵SSDに不具合が発見されたとして、SSD交換プログラムを開始しています。

自分が使っているMacbook Airは大丈夫なのか気になってきますよね?詳しく確認してみました!

スポンサードリンク

Macbook AirのSSD交換プログラムを開始

アップルの発表では2012年6月〜2013年6月の間に発売されたMacbook Airの一部モデルが対象となるようです。僕が使っているモデルはMacbook Air(Mid 2012)ということで、発売された期間としてはバッチリ当てはまっています。。

2012 年 6 月 から 2013 年 6 月の間に販売された一世代前の MacBook Air システムに搭載されている 64GB および 128GB ストレージドライブの一部が故障することが判明いたしました。

Apple や Apple 正規サービスプロバイダ (AASP) では、対象となるフラッシュストレージドライブの修理または交換 (いずれも無料) に応じております。

もしチェックして不具合が発見されると無料で修理または交換してくれるとのこと。ようやく時間がとれたので、自分の持っているMacbook Air(Mid 2012)を確認してみました。

確認用ファームウェアでチェック

実際の確認方法をご紹介しておきます。Mac App Storeにアクセスして、アップデートをクリック。その中から「MacBook Air Flash Storage Firmware Update 1.1」を選択します。

メッセージを確認した後、データをダウンロード。

それからアップデートと再起動すれば確認できます。

僕が持っている機種は問題なかったようで正常にアップデートされました。

もしここで交換対象と判定されるとアップルのサポートページが表示されるみたいですね。

交換手続きの方法は「アップルストアのジニアス バー」、「アップル正規サービスプロバイダ」、「アップルテクニカルサポート」のいずれかに連絡して修理または交換を依頼するかたちとなります。

また、修理に出す前には必ずデータをバックアップするようにも勧めています。

ちなみにこのプログラムは該当モデルの初回購入日から3年間。この問題に関係する修理や交換をすでに行っている場合は費用の返金もあるようです。

MacBook Air フラッシュストレージドライブ交換プログラム

やはりSSDが故障してしまってからでは遅いので、はやめにチェックしたほうがいいですね!

(via Engadget Japanese

スポンサードリンク