iPhoneの音楽を車で聴きつつ充電もできる!Lightningコネクタを搭載したFMトランスミッター『LAT-FMIB03』

iPhone持っているとこれで音楽を聴く機会って増えますよね。

僕が住んでいる地域は岡山という地方都市なんで、車で移動する機会が多いですが、せっかくiPhoneに入れた音楽があるんで、車に乗っているときもiPhoneの中に入れた曲が聴きたくなるものです。

また、家族で出かけることも多く、所持しているスマホはみんなLightningケーブルで充電可能なiPhoneになったということもあり、この機会にLightningケーブルに対応したFMトランスミッターを購入してみました。詳しくご紹介したいと思います。

【追記】
Bluetoothに対応したFMトランスミッターを購入してみました。iPhoneが使えるのはもちろん、Bluetooth通信に対応しているAndroid端末や他の音楽機器も使えます。

USBの接続端子が付いているので、音楽を聴きながら充電することもできますよ。個人的にはこちらのほうがオススメです。記事をチェックしてみてください!

スポンサードリンク

FMトランスミッターとは?

「FMトランスミッター」といってもあまりなじみのない言葉かもしれませんね。

今回の用途で簡単に説明すると、「FMラジオの周波数を通して、ポータブルオーディオプレイヤーや携帯電話の音楽をカーオーディオを聴くことができる機器」ですね。

詳細に説明しようとすると用語も難しくなるので、もっと知りたいという方はウィキペディアも参照してみてください。

iPhoneの音楽を車で聴きつつ充電もできる

今回購入時のポイントは「Lightningコネクタを搭載していてiPhoneの音楽を車で聴きつつ充電もできる」こと。

充電だけできたり、音楽だけ聴けたりする機器はありますが、やはり両方いっぺんにしたい。

それをかなえてくれる商品から選んだのがこのLogitecのFMトランスミッター『LAT-FMIB03』ブラックです。Appleの正規ライセンス「Made for iPod/iPhone」を取得していますよ。

▼全体写真がこちらです。

▼車のシガーソケットに挿して使います。12v/24v車両対応。

▼iPhone5またはiPhone5s/5cのほうにはLightningケーブルで接続。

▼機能がシンプルな分、操作パネルもシンプルです。

対応する周波数は6つ。操作ボタンを押すことで、88.2MHz→88.4MHz→88.6MHz→88.8MHz→89.0MHz→89.2MHz→88.2MHzの順に切り替わり、対応するランプが緑色で点灯します。

重低音ブーストのON・OFFの切り替えは操作ボタンの長押しにて。ONの時に赤色が点灯します。

特にiPhone5s/5c対応とは書いてなかったですが、バッチリ音楽は聴けました。

FMラジオの周波数を利用しているので、周りで同じ周波数を利用していたりなど、状況によっては雑音などが入ることもあると思いますが、このあたりは仕方がないですよね。そういうときは操作ボタンを押して周波数の切り替えを試してみてください。

それから音質についてですが、好みは人によって違うと思いますし、CDなどカーオーディオから直接聴けるものに比べたら良くないかもしれませんが、僕の実用上は全然問題ありません。

そんなことよりも良く聴く音楽を車で聴けることのメリットはかなり大きい。

iPhoneにさえ曲を入れておけば、家でも車の移動中でも聴けるというのはかなり快適です。

CDを忘れてきたりやカーオーディオのHDDには取り入れて無かったなんて失敗も無くなって気分的もいいですよ。

スポンサードリンク