MarsEditでWordPressプラグイン『All in One SEO Pack』の内容を入力できるように設定してみた!

@Mori2ndです。ブログを書くときはMarsEditというMacアプリを利用しています。

画像やhtmlタグの挿入、プレビュー機能などがすぐれているのでこれを愛用していますが、SEO対策のプラグイン「All in One SEO Pack」でのタイトルなどmeta情報の内容はサーバーにアップロードした後で改めて入力しています。

この作業が地味に面倒だと思っていながらもそのままにしていましたが、やっぱり少しでも記事が書きやすい環境を作りたいので、MarsEditできちんと入力できるようにしてみました。

WordPressのバージョンアップ等で再び設定することもあると思うので、備忘録も兼ねてご紹介しておきます!

スポンサードリンク

WordPressの設定をする

MarsEditなどのアプリから「All in One SEO Pack」の内容を入力するために、WordPressのファイルを編集して設定をします。対象のファイルは「meta.php」です。

場所
[サーバーのWordPressインストールフォルダ]/wp-includes/meta.php

内容を間違えてしまうとエラーになることもあるので、事前にバックアップしておきましょう。

meta.php」ファイルを開いて、コードの中から以下の箇所を探します。

▼コードの中のこの部分を、

▼こちらに変更します。

変更内容を保存して、サーバーのファイルを上書きしたらWordPressの設定は完了です。

ちなみにWordPressのバージョンアップをするとこのファイルが更新され、設定が消えてしまうかもしれないので、バージョンアップ時は忘れないようにチェック!

MarsEditに設定を追加する

続いて、MarsEditで自分のブログの設定を変更する必要があります。

自分のブログを選択した後、設定ボタンから「Edit Settings」を選びます。

「Custom Fields」からカスタムフィールドを3つ追加します。

  • _aioseop_title
  • _aioseop_descriptoin
  • _aioseop_keywords

「MarsEdit Label」は入力欄のタイトルなので分かりやすいものを入力。

文字数が多いとすべて表示されないようなので、適度にわかる内容にしました。

設定が終わると入力欄が追加されています。これでMarsEditから入力できるようになりましたね。

ちょっとしたことかもしれませんが、普段使っているアプリから同じように入力できるっていうのはうれしい。記事を書く事に集中できるよう少しでも環境を整えていきたいです!

MarsEdit - the blog editor for WordPress, Tumblr, Blogger and more. MarsEdit - the blog editor for WordPress, Tumblr, Blogger and more.
価格: ¥4,000 (記事公開時)
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング, 仕事効率化
App Storeで詳細を見る
アプリをダウンロードする

WordPress › All in One SEO Pack « WordPress Plugins

設定は、あかめ(@mk_mizuho)さんとれい(@Sayobs)さんの記事を参考にさせてもらいました。ありがとうございます!

[Å] MarsEdit初期設定:「All in One SEO」の内容をMarsEditでも入力できるようにする方法 | あかめ女子のwebメモ

MarsEditでWordPressのプラグイン・All in One SEO Packを使う方法 | Last Day. jp

スポンサードリンク