マウスからMagic Trackpadに変更。やっぱりトラックパッドの操作感はいい!

@Mori2ndです。Macbook Air用にVGAアダプターを導入して以来、外部ディスプレイを接続しているときはマウスを使っていました。

しかし、Macbook Air単独で利用しているときに使うトラックパッドの操作感覚が好きで、だんだんとマウスから変えたい衝動に。

ついにMagic Trackpadをゲットすることができましたので、レビューさせていただきます。

スポンサードリンク

まずは開封の儀

とにかくゲットしたからには開封の儀。さっそく開けていきましょう!


パッケージはやっぱりシンプルですね。


裏面にはジェスチャーの説明が図入りで書いてあります。


大きさはApple Wireless Keybordを真ん中から半分にしたくらい。


一緒に並べると合いますね。

続いて使えるように設定

開封に続いて使えるように設定ですね。Wireless Keybordと同じくBluetooth対応です。


「Bluetoothデバイスを設定」を選択。


見つかったデバイスの中から「Apple Wireless Trackpad」を選択。


ペアリングの設定がはじまるのでしばらく待つと。


接続されました。

ジェスチャーの設定は細かくできます。


ポイントとクリック


スクロールとズーム


その他のジェスチャ

好みにあわせていろいろできそうですね。

使ってみた感想

Macbook Airについているトラックパッドをさらにでっかくした感じで、指をダイナミックに動かせます。

二本指や三本指でのジェスチャーが快適に使えるのはやっぱりいいですよ。

クリックしたときの感触もわかりやすい。

この操作感覚はやっぱりいいですね!

こちらの記事もオススメです!

スポンサードリンク