古民家カフェ「くらしき茶房 桜花(おうか)」和風スイーツとくつろぎの癒し空間が魅力!あんこたっぷりパンケーキが特におすすめ

kurashiki-sabou-ouka-eyecatch.jpg

Kurashiki sabou ouka eyecatch

こんにちは!モリダイ(@Mori2nd)です。

桜の花見などで有名な倉敷酒津公園という場所があるんですが、そのすぐそばにあるのが「くらしき茶房 桜花」。ここが古民家を改造したカフェで趣きがあってくつろげるんですよね。

甘いものを食べながらまったりできるんです。

スポンサードリンク

くらしき茶房 桜花(おうか)

お店の敷地入り口はこんな感じになっています。店名の入った看板が置いてあって目印になっていますね。

Kurashiki sabou ouka 1

場所がちょっと奥まったあたりにあるので、気づきにくかもしれません。隠れ家的な感じで僕は好きですよ。

ちょっと奥へ入ると建物入り口。ここで靴を脱いであがります。

Kurashiki sabou ouka 2

和風空間でまったりくつろげる

建物は古民家を改造したもので、基本的に和風空間。畳の上にテーブルと座布団といったスタイルなんです。

Kurashiki sabou ouka 3

部屋の中の照明なんか和風にこだわったものになっていますよ。

Kurashiki sabou ouka 4

中から見える庭の景色もいい感じです。

席に座って入口付近の写真もとってみました。田舎の家に遊びにきたような感覚で畳でゆったりと過ごせる感じですね。

Kurashiki sabou ouka 5

そして席に着いたら、最初に運ばれてくるのはこちらのお茶、桜茶です。

Kurashiki sabou ouka 6

お店の名前にも入っている「桜」がこんな形で表現されているとは、なんとも風流ですね。

メニューはアルバム形式になっていて、左に写真で右はそのメニューの説明。使っている食材や食べ方などがわかるように書いてあるんです。

Kurashiki sabou ouka 7

お茶もメニューもそうですが、こういうところにこだわりを感じますよね。食べるのが楽しみになってきます。

Kurashiki sabou ouka 8

あんこを使った和風スイーツが魅力

先ほど見てもらったメニューにも少しありましたが、お店のメインは和風スイーツ。

東洋製あん(株)という”あん"を製造している会社がプロデュースしているだけあって、あんこを使ったメニューが魅力的です。

最初に来て食べておきたいのは「桜花特製パンケーキとあんこ」でしょうね。あんこをたっぷり使ったパンケーキで特におすすめです。

Kurashiki sabou ouka 9

あんこは別の器に入っていて、自分でかけていただきます。

Kurashiki sabou ouka 10

予想以上にあんこたっぷりだと思ったんですが、甘すぎず上品な感じ。ホイップがアクセントになって楽しめますよ。これは癒される!

Kurashiki sabou ouka 11

他にも抹茶パンケーキやぜんざい、みたらし団子もありますし、季節に合わせたメニューがあるときもあります。夏にはかき氷なんかもありましたよ。

僕が幹事メンバーの岡山スマホユーザー会で利用させてもらっているお店で、いつも楽しくおしゃべりしながらゆったりと過ごさせてもらってます。

ちょっと甘いものを食べて休憩したいとか、まったりとおしゃべりしたいなんて時にはいいですね。

スポンサードリンク