[iPhone系ブロガー向け] AppHtmlをカスタマイズしてアプリアイコン画像のリンク先URLをわかりやすく簡単に取得する方法 [iTune11での代替案]

@Mori2ndです。iTunes11になって、iPhoneアプリのアイコンをドラッグアンドドロップで取り出すことができなくなってしました。

@delaymaniaさんが紹介されていたこちらの記事

iPhoneアプリのアイコンの大きい画像(512×512ピクセル)を拾ってくる方法 | delaymania

WEB上から画像リンクを取得して、そこから画像をダウンロードするというのはなるほど!という感じですね。

iPhone系ブロガーだと@hiro45jpさんのAppHtmlでアプリ紹介リンクを作成している方も多いと思います。

AppHtmlメーカー

このブックマークレットも画像リンクを取得できるので、せっかくだからこちらの設定を少し変えさせてもらって、アプリ画像のURLをわかりやすく簡単に抜き出せるようにしてみました!

スポンサードリンク

AppHtmlをカスタマイズしてアプリアイコン画像のリンク先URLをわかりやすく簡単に取得

AppHtmlメーカーでブックマークレットを作成するときに、直接項目のカスタマイズができます。

ここの書式を変更して画像リンクがわかりやすいように設定します。

私が設定したサンプルがこちらです。確認用にアプリの名前とアイコン画像も表示しています。

この書式でブックマークレットを作成します。

「プレビュー表示」の設定で作成し、実行するとこんな感じになります。

後は画像のリンク先URLのところを選択して、コピー。

直接取得できたのは175ピクセル、100ピクセル、75ピクセルでした。(「icon100url」というところが取得する画像サイズの設定になっています。)

512ピクセルのサイズにしたい場合は、取得した画像のリンク先URLを以下のように編集します。(赤字部分が変更箇所です。)

編集前:temp..rtnenaiq.100x100-75.png

編集後:temp..rtnenaiq.512x512-75.png

後はブラウザにURLを入力して画像をダウンロードしてください!

 

いかがでしたでしょうか。

少しでも簡単に画像を取得したいという方はぜひお試しください。

他にもっと簡単に取得できる方法を見つけた方はご連絡お待ちしています!

ちなみに取得した画像の角を丸くしたいという方は、男子ハックさんのこちらの記事も参考になりますよ。

iPhone系ブロガー向け|アプリのアイコン画像をiTunes11からドラッグ&ドロップできなくなったので代替案 | 男子ハック

スポンサードリンク