AndroidスマホからiPhone6sへ変更。変換アダプタ利用のおかげでSIMカードの差し替えもスムーズでした

iphone-6s-sim-card-set-eyecatch.jpg

Iphone 6s sim card set eyecatch

スマホ(携帯)の利用状況を考え、docomoの回線ネットワークを利用したMVNO(格安SIM)のIIJmioを契約しています。

これまではSIMフリーのAndroidスマホを利用していましたが、iPhone 6s/6s Plusが発売されるのことになったので、iPhone 6sのSIMフリー版を購入しました。

IIJmioではnanoSIMで契約しておいて、Androidスマホは「変換アダプタを使って標準SIMとして利用する」というやり方をしていたので、SIMカードの変更など面倒な手続きも無く、切り替えをスムーズに行うことができたというわけです。

今回はこのあたりの話についてご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

スマホ・携帯ごとに使えるSIMカードのサイズは異なる

まずは基本的なところから確認。現在一般的に流通しているSIMカードのサイズは標準SIM、MicroSIM、nanoSIMの3種類。

携帯電話の新規契約や機種変更時は使う携帯電話・スマホなどの端末にあわせてSIMカードを用意する必要があります。

なので、SIMカードのサイズが違う場合は通常なら手続きをしてSIMカードを変更してもらう必要があるわけですね。このときに再発行手数料を支払うのが一般的です。

変換アダプタでnanoSIMを標準SIMサイズに変えて利用していた

先ほども触れましたが、SIMカードの変更手続きには通常は再発行手数料がかかります。

それから、店頭で発行してもらえる場合はすぐに入手できると思いますが、郵送の場合はカードが手元に届くまで時間がかかる場合があります。

MVNO(格安SIM)だと店舗窓口が無い業者もあったりするので、基本は郵送ですよね。

【参考】SIMカードサイズ変更時の注意事項を教えてください。 | IIJmio

こんな感じで、手続きに関わる部分でわずらわしいこともあるわけです。

僕はそんな手続きが面倒だと思っていたので、一番小さいSIMカードサイズのnanoSIMで契約。Andoridスマホでは変換アダプタを使用し、標準SIMとして使っていました。

ただし、変換アダプタは通常の使い方では無いので、利用は自己責任になってしまいます。この点はご注意ください。

変換アダプタを外せばnanoSIMとして利用できる

僕が購入したiPhone 6sはSIMフリー版なので、docomo回線を利用したMVNO(格安SIM)のIIJmioももちろん使えます。

Iphone 6s sim card set 1

こんな感じで変換アダプターからSIMカードを取り出して、iPhone 6sのSIMカードトレイに乗せます。

Iphone 6s sim card set 2

後はそのままiPhone 6sに挿入します。これだけでOKです。

Iphone 6s sim card set 3

SIMカードのサイズ変更など面倒な手続きは不要。

おわりに

一番小さいサイズのnanoSIMカードで契約して、変換アダプターを使っていたので、こんな感じでスムーズに移行することができました。

変換アダプタの利用は自己責任になりますが、いろいろなスマホを使ってみたい方にはオススメですね。

こちらの関連記事もどうぞ。

スポンサードリンク