[Mac]マルチプラットフォーム対応「FileZilla」FTPクライアントが2ペイン型の画面構成で使いやすい!

Macでブログを書きはじめました。もり(@Mori2nd)です。

Macでブログを書くようになってから使いやすそうなFTPクライアントを探していたところ、いいアプリが見つかりましたのでご紹介します。「FileZilla」というアプリです。

スポンサードリンク

左にローカル、右にサーバーの2ペイン型画面構成が使いやすい

左側には自分が使っているローカルマシンのフォルダやファイル、右側にはサーバーにあるフォルダやファイルという2ペイン型の画面構成になっています。

ツリー階層になっているので、目的のフォルダとファイルが探しやすいです。

ファイルをアップロードしたり、ダウンロードしたりするのは、ドラッグアンドドロップの操作で簡単にできます。

 

マルチプラットフォーム対応

「FileZilla」はマルチプラットフォーム対応でMac版以外にWindows版や Linux版があります。

実はWindowsを利用しているときもFTPクライアントは「FileZilla」を使っています。

Windowsで使いやすかったので、似たようなアプリを探していたら、そのものがあったのでラッキーでした。

私が利用しているWindows7での画面を見ていただくとわかりますが、OSによる違いはあるもののほとんど同じ画面になっています。

どのマシンを使っても同じ操作で使えるというのはありがたいものです。

ちなみにオープンソースなので、PortableAppsというところから、Windows用のポータブル版も出ています。

こちらはUSBメモリーに入れて持ち歩き、他のWindowsマシンで使うことができますよ。

 

いかがでしたでしょうか?

私のようにWindowsとMacの両方利用する方も、Macだけを利用されている方にも、このFTPクライアントは使い勝手がよくオススメです。

今のところMacAppSoreにはこのアプリが置いていないので、ダウンロードは公式サイトから。

ぜひお試しください。

【FileZillaダウンロードページ】

FileZilla - Client Download
ダウンロードページ

【PortableApps提供のWinsows用ポータブル版】

FileZilla Portable | PortableApps.com - Portable software for USB, portable and cloud drives
Window用ポータブル版

スポンサードリンク