実践!仕事中の睡魔に打ち勝つ簡単な5つの方法

DSC_0043DSC_0043 / yousukezan

仕事中にすごい睡魔が襲ってきたことはありませんか?

私も時々すごい睡魔が襲ってくるときがあります。

仕事柄デスクワーク中心なため、パソコンのディスプレイとにらめっこしていることが多いです。

そうこうしているうちに大きい声では言えませんが、

いつのまにかカクッとなって眠っていたことに気づくことがあります。

そんなときは簡単にできる5つの方法を実践しています。

スポンサードリンク

1、足を動かす

とりあえず足を動かします。例えば、足を組んでみたり、足の指を動かしてみたり。

座っていながらできることで、動かし方もいろいろと工夫することも可能なので、

思いのほか眠気を抑えることができます。

ただし、気をつけないといけないのは、振動が激しいと他の人の迷惑になるかもしれません、

あまり足を上下に激しく動かすと貧乏ゆすりだと思われてしまいますので注意が必要です(苦笑)

2、机の上を掃除する

書類を片付けたり、ディスプレイやキーボードの掃除をします。

今やっていることと別の作業をすれば、新しい刺激があって眠気を抑えてくれます。

私はキーボードを掃除する道具を机の中に置いているので、それを使って掃除してます。

3、軽くストレッチをする

事務所内ではあまり大きくカラダを動かすことはできませんので、

のびをしたり、首を動かしたり、肩を動かしたりしてストレッチをします。

首を動かすとボキボキなって気持ちいいです。

4、飲み物を飲む。買いに行く

飲み物を飲むとすっきりします。私はタンブラーを2つ持っていってます。

1つはお茶。もう1つはコーヒーです。コーヒーが好きなので、それだけで気分もすっきりできます。

飲み物を持っていってない時は、自販機があるのでそこでジュースや缶コーヒーを買ってます。

少し歩くので、それも眠気覚ましにはいいです。

5、トイレに行く

席を立って歩くだけでもカラダに刺激があって眠気がおさまります。

それから、冷たい水で顔を洗ったりすればよりすっきりします。

最後に

この5つの方法を使ってもやっぱりダメなときもあります。

そんな時はあきらめも肝心です(笑)

じっとしているとそのまま寝てしまう可能性大なので、

集中力が必要な作業は後にして

そこまで集中力が必要ない単純作業をやりましょう。

スポンサードリンク