[Evernote] 有料プランでドル払いから円払いへ変更するには?プレミアムプランからの契約変更と決済方法の見直しを実行

evernote-change-plan-currency-eyecatch.png

Evernote change plan currency

こんにちは!モリダイ(@Mori2nd)です。

2010年からずっと利用しているEvernoteですが、以前と比べて使用方法も変わってきました。今回、契約更新のタイミングがやってきたので、契約プランを再検討するとともにドル建てによる支払いを行っていたので、こちらも変更してみることにしたのです。

ところがEvernoteではドル払いから円払いへ直接変更できないことがわかりました。そのために調べたことも含めてシェアしたいと思います。

スポンサードリンク

Evernoteの契約プランをベーシック・プラス・プレミアムの3種類の中から見直し

まずはきっかけとなったEvernoteの契約プラン見直しについて。支払い方法の変更はこの後でご紹介していますので、急ぎの場合は先へ進んでくださいね。

Evernoteのプランですが、僕が契約した2010年当初は無料のベーシックプランと有料のプレミアムプランの2種類だけでした。ベーシックプランだとアップロードできる容量も制限があり、機能も少なかったためずっとプレミアムを使っていました。

そして、2015年4月にベーシックとプレミアムの中間にあたるプラスプランが発表されたわけです。

Evernoteのホームページにはプランの比較表があり違いがわかるようになっています。

Evernoteの契約プラン比較表です。機能の違いを確認できます。
Evernoteの契約プラン比較表。機能の違いを確認できる

【参考】Evernote プランの選択

Evernoteの契約プランを再検討した結果、プラス版への移行を決意

いろいろと試行錯誤した結果、僕がEvernoteで使いたい機能や条件というのが以下のようなものでした。

  • WEBクリップ
  • スマホとパソコンでデータ同期
  • ノートをオフラインで使用
  • アップロード容量の確保(60MBでは足りないのでそれ以上)
  • メールをEvernoteに保存
  • 画像検索

ベーシックプランでは物足りないけれども、プレミアムだと機能を持て余すような感じです。

ノートをプレゼン資料に即変換できる「プレゼンテーション」機能は便利ですが、活用できる場面はあまり訪れなかったですし、大量にスキャンするならドキュメントスキャナーが便利なので、Evernoteアプリで名刺スキャンすることも少なかったんです。

つまりは僕にとって今の最適なプランはプラスプランだということでした。

プレミアムだとOffice文書やPDFなどの検索もできるですが、キーワードをノートに入力しておくことで事足りるのではと思っています。画像検索はベーシックでも使えるので十分かと。

【参考】Evernote 添付ファイルの検索

Evernoteを使い始めたころはライフログということで写真でも何でもノートに放り込んでいたわけですが、いざ必要な資料・情報を探そうとしたときに探せないということになり、使い方を改め始めています。考えを巡らせるにはアウトライナーのほうが良かったりしますしね。

ということでプレミアムプランからプラスプランへ変更することにしたのですが、ここで問題が出てきました。

ドル払いのプレミアム版から円払いのプラス版へ直接変更できなかった

僕がEvernoteを契約した当初はアメリカのサービスということもあり、ドル建てでの支払いになっていました。当時は円が強かったということもあり、ドル建てで支払うほうが良かったんですが現在は為替レートも変わっていますよね。

Evernoteの契約プランによるドルと円それぞれの支払い額は以下のようになっています。

こちらが円建て払いの場合です。

Evernoteのプラン選択:円建て表示
Evernoteのプラン選択、円建て表示されている場合

続いてドル建て払いの場合です。

Evernoteのプラン選択:ドル建て表示
Evernoteのプラン選択、ドル建て表示されている場合

契約プランと支払い通貨の違いを表にしてみました。

プラスプレミアム
円建て2,000円4,000円
ドル建て24.99$45.00$

比較してみると単純に1$=100円で計算しても500円くらい多く払う計算になってしまいます。

さすがにこれは円で支払ったほうがいいので支払い方法を変えようと思ったんですが、自分のアカウントでログインするとドル建ての金額になってしまう。

支払い方法がドル建てになる
ドル建てで支払っている間は他のプランもドル建てになる

どうやら現在の契約内容によって支払い方法も引きづられてしまうようですね。

「有料プランの自動更新をキャンセルする」ことでドル払いから円払いへ、支払い方法が変更可能

調べてみたところドル建てから円建ての支払い方法へ変更するために、「有料プランの自動更新をキャンセルすれば良い」という情報が見つかりました。

【参考】Evernoteの円建てプラスに切り替え – kwLog

Evernoteでは有料プランを契約していると契約満了時に自動的に更新される仕組みになっているとのこと。特に何もしないでいると同じプラン・支払い方法で年契約であれば1年間更新されるんですね。

そこで有料プランの自動更新をキャンセルすれば良いってことなんです。

これはEvernoteの無料プランであるベーシック版へ切替えておくことで契約の有効期間が終了した段階で自動更新をキャンセルすることができます。

その後にまた有料プランを契約、僕の場合はプラス版を契約しなおすときに円建てでの支払いに変更できるそうです。

Evernoteの有料プラン(プレミアム版・プラス版)から無料プラン(ベーシック版)へ切替えて自動更新をキャンセル(停止)

ということで契約しているEvernoteのプランを切り替える手順です。今回は有料プラン「プレミアム版」から無料プラン「ベーシック版」に切替える手順を説明します。

Evernoteでアカウントの設定をするためにWEBページへログインする必要があります。

Evernoteのクライアントアプリを使っていればメニューのヘルプからもログインできました。(Mac版の場合)

Evernoteのアカウント設定を選ぶ
Evernoteクライアントアプリで、ヘルプメニューからアカウント設定を選ぶ

ログインできたら「アカウントの概要」へ。アカウントの種類にある「登録プランの変更」を選択します。

登録プランの管理をクリック
Evernoteのアカウント概要で「登録プランの管理」をクリック

続いて無料プランの「ベーシック」へ切替えるために、「無料」と書かれたところをクリックします。

無料ボタンをクリック
ベーシックへ切替えるために無料ボタンをクリック

ドロップダウンリストからプランの変更理由を選択。「ベーシック版に切り替え」をクリックします。

理由を選択してベーシック版に切り替え
リストから理由を選択して、Evernoteのベーシック版に切り替え

これで自動更新のキャンセル手続きが完了です。

Evernoteのベーシックを選択しました
ベーシック版へ切り替えた後の確認画面

Evernoteの契約プランが切り替わり、現在の契約期間が満了するとともに無料プランのベーシック版に移行されます。

自動更新がキャンセルされる
契約期間満了後にEvernoteのベーシック版に切り替わる

もちろん契約満了までの期間は契約中の有料プラン(僕の場合はプレミアム版)が利用できますよ。無料プランに切り替わったら、あらためて円建てで有料プランを契約です。

【参考】Evernote の有料プランを購入、管理またはキャンセルする方法 – Evernote ヘルプ&参考情報

今回はEvernoteの利用状況を考えてプランの見直しとともに、ドル払いと円払いによる金額の差も考えることになりました。同じサービスを利用するなら余計に支払うのはもったいないですからね。

あらためてドル払いから円払いに支払い方法を変更する方法をまとめると。

  1. 有料プランの自動更新をキャンセルする(無料のベーシックに切り替える手続きをする)
  2. 有料プランの有効期限が過ぎてベーシック版に切り替わるのを待つ
  3. 無料のベーシック版になったら有料プランを円建て払いで契約する

このような流れになりますね。

僕はまだ有効期限が残っていますので、円建てで有料プランのプラス版を契約したら追ってご報告したいと思います。

スポンサードリンク