Apple MusicはiTunesがあるのが強み。パーソナルなレコメンド機能やオフライン再生が良い

apple-music-impression-eyecatch.png

Apple music impression eyecatch

楽しみにしていたApple Musicがついに登場した。詳細があまり見えない中お披露目された感があるが、どうような印象を受けただろうか。

少し使ってみてところで現状の印象や感じることなどを共有したいと思う。

スポンサードリンク

Apple MusicはiTunesがあるのが強み

Apple Musicを使ってみていいな思ったのは単なる音楽ストリーミングサービスに留まっていないところ。これは後発だからというのもあるかもしれない。

自分が選んだジャンルやアーティスト情報をもとにレコメンドしてくれる「For You」機能があるが、iTunesライブラリ内に保存してある楽曲を元にして、その中のアーティストや同じジャンルで近いアーティストを表示してくれているようだ。

後、「Connect」機能についてもそうで、自分のiTunesライブラリに保存してあるアーティストを自動でフォローできる仕組みもある。

他の音楽ストリーミングサービスに無い強みというのはやはり、このiTunesがあるということ。これは間違いないと思う。

iTunesライブラリはその人の好みが色濃く反映されているので、合せて使えばつかうほどApple Musicはその人にとってのパーソナル音楽ステーションになっていく。そういう面白みがApple Musicにはあると感じる。

あえて昔よくきいていたジャンルを選んでみたが、iTunesライブラリにあるアーティストや曲はもちろん、それに近いものも表示されて、「良くわかってるね~」と感心した次第。

このあたりはApple Musicで扱っている曲の種類と自分の好みがマッチしているかどうかによっても違うとは思うが少なくとも僕が試したところはそうだった。

うれしいオフライン再生機能。常にネットにつながっている必要がない。

Apple music impression 1

僕は現在iPhone5とiPad Air 2を所持しているがiPhone5についてはWifi環境でしかネットに繋がらない状態。地方都市での移動といえば車が多く、通勤にも利用している。そのときに聞く音楽はiPhone5に保存した曲を再生しているというのが現在の状況だ。

せっかくの音楽なので、やはりいろいろな場所で聞きたいと思うのが普通だろう。オフライン再生機能があるおかげで、家の中でみつけた気に入った曲を外に持ち出せるのは大きい。

それも、iTunesのミュージックアプリと統合されているため、CDから取り込んだ曲もApple Musicから保存した曲も同じように扱える。そういう操作性の面でもかなりいいと思った。

あとがき

Apple Musicは慣れないうちは操作方法がわかりにくと感じたが、使っているうちに面白い機能がたくさんあるなという印象に変わってきた。

使えば使うほど自分にとって心地よい音楽が聴ける環境ができてくるというのは大変楽しみになことだ。

まだスタートしたばかりで期待ばかりがふくらんでしまうが、ベースは出来上がっている。アーティストたちによる発信がもっと活性化されればもっと面白くなるだろう。

まずはトライアル期間で吟味していきたい。

スポンサードリンク