Apple認証付きANKERのLightningケーブルを購入。純正に近いサイズで使い勝手も良く、価格面にも優れている

anker-apple-lightning-cable-eyecatch.jpg

Anker apple lightning cable eyecatch

ここのところiPad Air2を購入したりして持ち運ぶモバイルガジェットも増えてきた。それにあわせて充電する機会も増えている。

特に出張などで外出するときになんかは持ち運びで一緒に使う充電用のケーブルも必要なのだ。

なのでiPhoneやiPad用にLightningケーブルを購入しようかと考えていたところ、妻の持っているケーブルも壊れてしまう状況になったため、Lightningケーブルを二本分購入することにした。

せっかくなので、USB充電器でも定評のあるANKERのLightningケーブルを選択。Appleの認証もついていてコスパや使い勝手の面でも良い感じのアイテムなのでご紹介したいと思う。

スポンサードリンク

AnkerのLightningケーブルのパッケージ・外観

今回、購入したのがANKERの「USB Cable with Lighting Connector」。AppleのLightningケーブルと同じ規格の製品でAppleの認証が付いている。長さは90cmタイプのものだ。

Amazonでセールをやっていたので、1本が約1,000円ほどだった。ちなみに純正のものは定価だが2,000円ほどする。(実際の購入時には確認をお願いします。)

実はケーブルがナイロン製の上位版も出ているのだが、その分値段も高くなっている。今回2本まとめて買いたいというのと、自分の使い方でケーブルを傷つけたりがなかったので、安いほうを選んだ(笑)

まずはパッケージや外観も見てもらえればと思うので、開封レポートから。こちらがパッケージの写真。
Anker apple lightning cable 1

エコにも気を使った形で「Welcome Guide」も兼ねている。
Anker apple lightning cable 2

内側がその「Welcome Guide」の内容になっていて、製品サポートについてなどが記載されていた。
Anker apple lightning cable 3

ケーブル本体はこの箱の中。
Anker apple lightning cable 4

包装もシンプルだ。
Anker apple lightning cable 5

中身を取り出した写真。
Anker apple lightning cable 6

iPhoneやiPadと接続するLightningコネクタ部分。ANKERのロゴが入っている。
Anker apple lightning cable 7

USBポート側も同様にANKERのロゴ。
Anker apple lightning cable 8

Apple純正のLightningケーブルと比較してみた

iPhoneやiPadと接続するLightninngコネクタ部分はANKERのほうが少し大きいくらい。
Anker apple lightning cable 9

反対側のUSBコネクタ部分はANKERのほうはだいぶ大きく見える。ただ、こちら側はMacやPCだったり、USB充電器とつなぐので、隣同士が密接しているような作りでなければ特に気にしなくても良いと感じた。

Anker apple lightning cable 10

ケーブルの長さはANKERのほうが90cmで、Apple純正のケーブルは100cmになっている。ANKERのほうが10cmほど短い。
Anker apple lightning cable 11

ANKERのLightningケーブル「USB Cable with Lighting Connector」の感想

Appleの認証マークがついている安心感

やはりAppleの認証マークである「Made for iPhone」「Made for iPad」が付いているのがいい。

充電だけならまだいいのかもしれないが、データの同期などでも使うため、ちゃんとしたケーブルを使いたい。そういった意味でこの「Apple MFi 認証」がついていると安心感がある。

Anker apple lightning cable 12

さらにANKERならUSB充電器などでも定評があり、ブランド的な面でも良いなと思っている。僕は充電器に同じANKERのUSB急速充電器を使いはじめたところだ。

【関連】『Anker 20W 2ポート USB急速充電器』コンパクトサイズでパワー充分!旅行や出張時にも重宝してます!

Lightningコネクタ部分のサイズがApple純正のものと近いので使い勝手がいい

それから、Lightningコネクタ部分のサイズがApple純正のものと近いので、使い勝手がいい。

なんでそう思うかというと、iPhoneのケースによってはケーブルとの接続部分を覆っているものがあり、場合によっては干渉して接続できないことがあるからだ。

写真のiPhoneケースでの接続を見てもらうとわかるが、若干の隙間がある程度。もう少し大きいものなら使えなかっただろう。
Anker apple lightning cable 13

ケーブルは若干硬めかも

Appleの純正Lightningケーブルと比べて、ケーブル部分が若干硬めの印象がある。

かといって、硬くて取り回しがしにくいというものではないのだが、比較したときに感じたことなので記しておこうと思う。

おわりに

Appleの純正ケーブルとあまり変わらないサイズで、さらにAppleの認証が付いたLightningケーブルなので使い勝手も安心感もあっていい。

価格的にも抑えられるので、純正にこだわらなければかなり良い選択肢といえるだろう。

スポンサードリンク